湯の峰温泉 「共同浴場つぼ湯」-湯は最高峰、長時間待ち必須

和歌山県関西の温泉

世界遺産の共同浴場「湯の峰温泉 つぼ湯」に行ってきました。

混雑ゆえに入浴するまでのハードルが非常に高いこの温泉。宿泊は必須です。湯は今まで入った温泉の中でも最高峰という素晴らしさ。多分に運も必要ですが、ぜひ体験していただきたい逸品です。

続きを読む→

湯の峰温泉 「民宿あずまや荘」-老舗旅館の姉妹宿

和歌山県関西の温泉

湯の峰温泉の老舗旅館「旅館あずまや」の姉妹宿「民宿あずまや荘」に行ってきました。

本家の旅館と民宿では異なる源泉を使用しています。歴史ある温泉地らしい本格的な湯小屋、本家とは印象の異なる俊逸な湯など、ぜひ体験をおすすめしたい逸品です。

続きを読む→

湯の峰温泉 「公衆浴場」-つぼ湯とは異なる源泉の名湯

和歌山県関西の温泉

熊野本宮にほど近い、湯の峰温泉「共同浴場」に行ってきました。

雰囲気、お湯ともに流石の名湯です。近くにある有名な壺湯は、混みすぎてほとんど入れるチャンスがないのですが、こちらは広いので問題なく入れます。両者でお湯の感じは全く異なるので、チャンスがあればぜひどちらも体験してもらいたいです。

熊野本宮から熊野古道「大日越」を経て湯の峰温泉にたどり着けますので、古道巡りの締めに入浴してバスで本宮や新宮に戻るのがおすすめです。

続きを読む→

湯の峰温泉 「旅館あずまや」-環湯で知られる老舗旅館

和歌山県関西の温泉

湯の峰温泉を代表する温泉旅館「旅館あずまや」を訪れました。

小栗判官の病気快癒の伝説でも知られる温泉は、極めてレベルの高い本宮周囲の温泉地と比べても一線を画す素晴らしさ。

日帰り時間がかなり限られる宿ですが、周辺に一泊していれば熊野古道めぐりのルート次第で帰りに寄ることは可能です。湯の峰温泉内でも、湯の感じは結構違うので、他の浴場も体験していただきたいところ。

続きを読む→

越後湯沢温泉 共同浴場「山の湯」-源泉掛け流しの硫黄泉

新潟県甲信越の温泉

越後湯沢温泉郷の共同浴場のひとつ、「山の湯」にいってきました。

越後湯沢とガーラ湯沢の中間にあるため、駅からちょっと離れているのが難点ですが歩けない距離ではありません。単純泉の多い越後湯沢でも珍しい硫黄泉という点もポイントが高いですね。この地域では一押しです。

続きを読む→