Home » 九州の温泉, 長崎県

島原雲仙温泉「湯の里温泉共同浴場」-雲仙散策の後は、はしご湯もおすすめ

2015/1/1

島原半島の雲仙普賢岳にある共同浴場「湯の里温泉共同浴場」を訪れました。

落ち着いた木造建築の湯小屋で、はじめての共同浴場でも安心な半観光の施設です。雲仙地獄そのままの源泉掛け流しの乳白色の湯も入って楽しい。同地区には、新湯温泉館という共同浴場もありますが、湯の性質が違うので、はしご湯をおすすめします。

施設の説明

地元では当初らっきょう漬の樽を風呂桶に使っていたことから「だんきゅう風呂」と呼ばれているそうです。

脱衣所も広々、浴場の前は涼めるベンチもあるという至れり尽くせりな施設。場所は、雲仙バス停からも近いですが、路地に入るのでちょっとわかりにくいです。こちらは入浴券を入口で購入・支払するスタイルです。

入浴の感想

脱衣所は、関西以西に多い数字が大書されたロッカーが並びます。雲仙の他の共同浴場と比べ、銭湯かと見まごうほど広い作りです。

<内湯>

浴室内も広々。真ん中に楕円形の湯舟が鎮座しています。

乳白色な湯。酸性ですっきり、温度はやや熱め。ただよう硫黄臭と、温泉気分を盛り上げてくれる要素満載です。湯は、新湯と比べるとまろやか。のんびり入っても湯疲れしにくいですね。地獄から少し離れている分、角が取れている感じがします。

近隣にも関わらず、これだけ肌触りが違うというのも面白く、はしご湯の醍醐味ですね。共同浴場というより観光施設的ですが、その分利用の敷居も低いというもの。

雲仙地獄めぐり

雲仙温泉の中心街に広がる噴気地帯。あちらこちらで湧き出す湯に泥温泉。売店で買える温泉たまごは熱くて持てないほどのほっかほか。共同浴場のすぐそばから遊歩道が続いています。

温泉施設名 うんぜんおんせん ゆのさと
雲仙温泉 湯の里共同浴場
住所 長崎県雲仙市小浜町雲仙303-1
TEL 0957-73-2576
日帰利用時間 9:00-23:00
日帰料金 200円
定休日 無休
泉質 酸性硫化水素泉
公共交通機関 島原バスにて、雲仙下車。他、高速バスあり。
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.unzen.org/

訪問日:2014年3月

コメントをどうぞ!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

トラックバック:こちらからアクセス
この記事のコメントのRSS: こちらからアクセス