小浜温泉「小浜荘」-街角の露天風呂がうれしい

島原半島の名湯、小浜温泉の温泉旅館「小浜荘」に行ってきました。

場所は、共同浴場の脇浜浴場(おたっしゃん湯)のすぐそば。宿泊のみの宿ですが、日帰り入浴もやっています。源泉掛け流しの露天風呂に内湯と、温浴施設は充実。玄関から見た印象と異なり、奥はなかなか広いです。

施設の説明

増築を繰り返した複雑な館内は、古き良き温泉旅館といったたたずまい。いぶし銀の館内も見ものです。旅館なのに「大衆浴場」という表記が面白いですね。個人風呂もあるようなので、大浴場という意味なのでしょう。

入浴の感想

内湯と露天風呂があります。場所がちょっとだけ離れているので、着替えてからの移動。

<内湯>

シンプルなタイル張りの湯。天井が半透明な板なので、どことなく半露天風。湯はとっても熱いので、長湯は難しい。海岸温泉だけに、塩分は濃いです。

<露天風呂>

前掲の扉を開くと、ちょっと倉庫風な脱衣所。さらに扉を抜ければ露天風呂に到着です。

街中ながら斜面よりのため、広々とした庭園風の露天風呂があります。正面玄関からは、こんな湯舟があるとは想像ができないね。半露天の小屋かけがまた良い。左側が洗い場。ベンチなんかもあって洗い場があるとは思わなかった。

こちらも熱めながら内湯よりはまし。適度に涼めるので、ゆったりするなら露天風呂か。湯は無色透明、昆布茶のような塩気のある味。これだけおいしい温泉水も珍しい。体に堪える湯なので、調子に乗って長居していると体がグニャグニャになってしまいますね。

温泉街の光景

温泉街をそぞろ歩き。国道から一本入っているので、車が少ないのがうれしい。町中に湯気が立ち上っていて、別府かと見まごうほど。ホテルの前に、ワラに湯をかけて冷ましている設備があったのは興味深い。他では見かけない温度調整方法ですね。

小浜荘のすぐそばにある日本秘湯を守る会の宿「国埼旅館」。玄関先に飲泉場がある。街中すぎて秘湯という感じはないが、建物は立派な日本旅館。小浜温泉は優れた日本旅館建築がいくつもあるので、そぞろ歩きも楽しい。温泉街なのに土産物店などがあまりないのが意外。

温泉施設名 小浜温泉 小浜荘
住所 長崎県雲仙市小浜町南本町7
TEL 0957-74-2056
日帰利用時間 10:00~16:00
日帰料金 400円
定休日 無休
泉質 ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性 高温泉)
公共交通機関 島原鉄道バス、小浜町体育館前下車。徒歩2分。
周辺地図 googlemap
公式サイト なし

訪問日:2014年3月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。