松本 浅間温泉「港の湯」-歴史ある温泉街の中でもいぶし銀の共同浴場

港の湯 入り口
港の湯 正面(浅間温泉共同組合公式サイトより)
松本の奥座敷、浅間温泉の共同浴場「港の湯」に行ってきました。
温泉街の中でも昔ながらの激渋の共同浴場。温泉街の中心部から少しだけ離れていますが、地元湯らしいお風呂に行きたいという方におすすめです。

浅間温泉の歴史

日本書紀の束間の湯が当地とされ、一般的には平安時代の天慶2年(939)土地の豪族犬飼半左衛門によって発見され「犬飼の湯」と呼ばれたのが最初のようです。だいぶ近代化されてしまいましたが、それでもなお昔ながらの温泉街の風情を保っています。

施設の紹介

浅間温泉では複数の共同浴場を一般に公開していますが、もっとも共同湯の雰囲気の濃い施設が「港の湯」です。

建物の周囲への溶け込み具合が見事です。
写真で見ると、バス停の前で目立ちそうですが、 実際に現地に行くと、分かりにくいです。

こちらは、入浴券を渡して入浴になります。
すぐ側には購入できるところがないので、温泉街か周囲の店であらかじめ買っておきます。

入浴の感想

管理人さんがいないときは、入浴券をかごにいれて入浴します。脱衣所の次はすぐに浴室。

<内湯>

中は、レトロ感のある丸い湯船1つとシンプル。壁に沿って、洗い場が並んでいます。

浴室が狭い分、湯につかっていると、周囲に人の背に囲まれている雰囲気がありちょっとシュールです。源泉掛け流しの湯は、透明で臭いもほぼありません。非常にくせのない、すっきりした湯です。温泉浴槽は44度くらいで、かなりのぼせます。5分と入っていられませんでした。以外に刺激的な湯です。

 

温泉施設名 浅間温泉 港の湯
住所 長野県松本市浅間温泉1-21-10
TEL 0263-46-1800
日帰利用時間 6:00-20:30
日帰料金 200円
定休日 無休(年数回の大掃除日を除く)
泉質 単純温泉
公共交通機関 [バス]
JR松本駅より松本電鉄バスで浅間温泉行きバス15分。
終点一つ前で下車徒歩0分。(バス停目の前)
バスの本数は多い。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.asamaonsen.com

訪問日:2005年8月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。