現地で食べたハンガリー料理-もっと知られてほしい絶品中欧グルメ

中欧三カ国の中でも、個人的に一番おいしくて安いと思うハンガリー料理。これほどおいしいとは思っていなかったので、すっかりファンになりました。日本人好みの味だと思いますが、日本では食べる機会はほとんどない。そんな、ハンガリー旅行で食べたお食事をご紹介。

オーストリア・ハンガリー帝国の影響でオーストリアでも食べられる品もありますが、味は総じてこちらの国の方が上。

旅行中、ハンガリー料理を堪能したのですが、どの店も外れがないといっていいほど味は確か。実はヨーロッパ圏ではハンガリー料理のレベルの高さは有名なのだそうです。

ブダペスト旧市街のレストランへ

ブダペストでは、レストランと言えども、あまり遅くまでは営業していません。近郊から帰ってくると食べ損なう場合もあるかも。消費税は世界最高峰の27%。メニューは税抜なので会計の時に驚かないように。

聖イシュトバーン大聖堂近くのお店。近所でおいしい店を聞いて訪れた次第。この建物は元医院なのですが、そうは見えないですね。

カフェラテはたっぷりとした泡立てたミルクが乗っているのが当地流。 半分は泡じゃないかというフワフワぶりです。マグカップが大きいので量もたっぷり。

肉野菜スープのグヤーシュ。味は濃いめでも、脂濃さがないのでとても飲みやすい。これだけでもおなか一杯になる分量があります。

魚のスープの ハラースレー。ぶつ切りにした魚がたくさん入っている。魚の種類は、鯉など。味はグヤーシュよりもさらにあっさり。小骨が多いのが難点かな。魚料理のお店に行くと置いてあります。

ブダペスト セール・カールマーン広場にて、食べ放題ビュッフェ

お肉はその場で焼いてくれて、デザートもついて、1190フォリント(約520円)。観光地を外れればお得でおいしいお店に出会えますね。飲み物は別会計。

ピーマンの漬物など惣菜系が充実。レストランだとあまり種類が食べられないので、こういった店の方がいろいろ試せてうれしい。食べ放題=味はそれなり、じゃないのがうれしいところ。

好きな分を盛って食べるのはどこも一緒。

ハンガリーのデザートは甘すぎないので、ついペロペロ食べてしまいます。

オーブダにて、肉料理のレストランへ

落ち着いたブダペスト郊外、オーブダでお食事。ここはレストランなので、ちょっと奮発。2,000フォリント(約1,000円)くらい。これでも旧市街の観光レストランよりは安いです。あちらは4,000フォリントとかいくからね・・・

せっかくなのでテラス席でお食事。一般車乗り入れ禁止地区なので、とても静かです。

バターたっぷりのパン。当然ながらボリュームは満点。

ウィンナーコーヒー。生クリームは甘さ控えめなので、見た目ほどのしつこさはないです。

鴨のステーキ。あらかじめグラムがメニューに書いてあるので、おなか具合と相談して頼めます。でも、総じてボリュームは多め。辛さの調整は、ペースト状のパプリカ。青唐辛子なみの辛さなのだ。パプリカと一言でいっても、味は千差万別。

ハンガリーの小さな村 ホッローケー村にて

一日観光で、ブダペストから遠出。この村では、パローツ地方の料理が食べられる。世界遺産の観光地の割にはお値段控えめ。なんといっても、村の酒場といった雰囲気の店は居て気持ちがいい。

この村では、カフェとレストランが1軒づつなので、実質選択肢がないのですが、どちらもおいしいのでOK。バイオリンの生演奏があったり、ゆったり過ごすにはいい場所です。

白の辛口の地元ワイン。正直かなりクセがある。泥臭さが田舎のワインといった感じで、これはこれでアリ。ハンガリーと言えばトカイワインが有名ですが、あちこちで飲み比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

ウィンナー・シュニッツェル(豚のカツレツ)のチーズソース掛け。オーストリアが本場の料理ですが、結局ここで食べたものが一眼美味しかった。カリッカリに揚げた衣に程よい辛さのソースがとても合っている。オーストリアでは、どこも一味足りないと感じていたので、よけいにここで食べた味が印象に残ってしまうのです。

ウィンナーコーヒー。クリームには砂糖が入っていないので甘くはない。オーストリアと違って、コーヒーと一緒に水はついてきません。

ハンガリー風クレープのパラチンタ。クリームソース掛け。

ベリーソースを薄いクレープで包んだお菓子。温めて食べるのはなかなか新鮮な食べ方。

こちらの記事もおすすめです

“現地で食べたハンガリー料理-もっと知られてほしい絶品中欧グルメ” への3件の返信

  1. MamoScatta

    こんにちは。ブダペストへ行く予定があります。
    紹介されてました旧市街のレストランの店名を教えていただければと思います。

    返信
    • yuan 投稿作成者

      ご訪問いただき、誠にありがとうございます。

      この3店は、私が訪れる前はいずれも開店していなかった新規店舗でした。
      1店を除き現在でも営業しているようで、WebサイトとGoogle Mapで確認しています。

      ハンガリー料理は日本人にも合う味だと思いますが、1品の料理が多いです。
      メニューに量目(グラムやリットル)が表記されているので、目安にするとよいです。
      このルールは便利なので他の国にもあったらいいなと思ったり。

      よい旅になることを願っております。

      オーブダ旧市街のレストラン
      「Új Sipos Halászker」
      https://www.ujsipos.hu/

      聖イシュトバーン大聖堂近くのレストラン
      「Pör & Prézli Restaurant」
      https://www.tripadvisor.com.br/Restaurant_Review-g274887-d12817850-Reviews-Porc_Prezli_Budapest-Budapest_Central_Hungary.html

      セールカルマーン駅のレストラン(閉店済)
      「Gastland Bisztrok」

      チェーン店のため、市内の別店舗は営業しています。
      http://www.gastlandbisztrok.hu/en/

      返信
      • MamoScatta

        ありがとうございます。ガイドブックに載ってない貴重な情報で楽しみです。
        クルーズ船にも乗りたいと思います。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。