乳頭温泉郷「孫六温泉」日によって色変わりする湯など、泉質豊富

乳頭温泉郷の「孫六温泉」に行ってきました。

乳頭温泉郷でも黒湯温泉とならんで最奥に位置します。

川原を目の前にした露天風呂や日によって湯の色が変わる石の湯など、黒湯温泉とは川向いにも関わらずお湯は全く異なります。

施設の説明

車だと休暇村から回り込むように進む必要がありますが、歩きの場合は大釜温泉のすぐわきにある川沿いの未舗装林道ぞいに1kmほど歩くことでショートカット可能です。(「新奥の細道」の看板があります)

湯小屋が2つ、露天風呂が1つ。それぞれ源泉が違います。

近くにまとまってはいますが、全部いったん着替えて移動する必要があります。

3か所も入浴できるのはうれしいですが、短時間での入浴の繰り返しで湯疲れ必至です。うまく時間配分を考えないとギブアップになるかも。

<内湯 石の湯>

石の湯は露天風呂が併設された湯小屋にあります。脱衣所から階段を下りていくと大きな岩が目立つ浴槽あり。

こちらは天気によってお湯の色が変わるそうで灰色がかったり透明だったりします。本日はほぼ透明。湯の温度は大変高く、知らずにドボンとすると声が出てしまいそうです。

浴槽の奥からとりわけ熱い湯が流れくるので、そこから離れればちょっとだけましになります。

とても長くは入れないので数分入っては上がりかまちや露天風呂で涼むという塩梅に。3つの浴場の中では一番力強さを感じられる湯です。

<内湯 唐子の湯>

別棟の内湯です。こちらはぬるめなのでゆっくり入れます。それでも他の乳頭温泉の湯に比べると高め。

<露天風呂>

石の湯の浴室から出たとこにあるのが露天風呂。3段に分かれていて川下に行くほどぬるくなります。

やや赤茶けた湯で石の湯とはまったくの別物。浴槽周辺の地面にも同じ色の湯が流れていること考えると、ほぼ源泉地帯に露天風呂を作ったことになりますね。真横で湯が違うというのも、豊富な泉質で知られる乳頭温泉らしいですね。

温泉施設名 まごろくおんせん
乳頭温泉郷「孫六温泉」
住所 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林3051
TEL 0187-46-2224
日帰利用時間 9:00~16:00
日帰料金 520円
定休日 冬季休業
泉質 唐子の湯:ラジウム鉱泉

石の湯:単純硫黄泉

露天風呂:単純温泉

公共交通機関 JR田沢湖線 田沢湖駅より、羽後交通「乳頭温泉」行き路線バス「乳頭温泉郷」下車10分
周辺地図 googlemap
公式サイト https://magorokuonsen.com/

訪問日:2016年8月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。