磐梯熱海温泉「元湯共同浴場」-長湯で楽しみたい名物ぬる湯

北海道・東北の温泉福島県

磐梯熱海温泉の「元湯共同浴場」をご紹介します。

温泉街にある日帰り入浴温泉施設。レトロ感あふれる激渋浴場。ぬる湯のなかでも個人的に好きな温泉の一つです。

「熱海」という地名は静岡県の温泉地「熱海」と同じですが、これは偶然ではありません。奥州合戦の後にこの地の領主になった、源頼朝の家臣伊東祐長の出身地であったためです。

続きを読む→

灘温泉 六甲道店-駅近の源泉炭酸銭湯

Featured兵庫県関西の温泉


灘にすぐれた炭酸泉があるとの話を聞いて行ってきました。
この地域には、3件ほど温泉銭湯があるのですが、今回は「灘温泉 六甲道店」を訪れました。

施設の紹介

昭和初期からつづく老舗の銭湯です。
震災の影響によりリニューアルされていますが、初期の外観、内装を生かしたレトロな風合いが維持されています。
温泉は自家源泉で、阪神大震災後復興を目指して掘削したとのこと。
関西の銭湯は施設が充実したものが多いそうですが、こちらもその伝にもれません。
ジェットバス、電気風呂に、加温温泉、源泉掛け流し、露天風呂に、打たせ湯、サウナと大変充実しています。
これでサウナ以外は銭湯料金ですがら、懐も大満足です。

入浴の感想

内湯と露天風呂、打たせ湯と銭湯とは思えない設備の豊富さ。

<源泉掛け流し浴槽>

特に気に入ったのは、源泉掛け流し浴槽。
人肌の源泉浴槽は、隣が湯溜め。新鮮な湯が常時流し込まれています。泡立つ炭酸は、浴槽が白く濁るほど。プチプチ泡がはじける音、まろやかな香りが漂います。
湯につかるとあっというまに泡だらけになってしまいました。
32度くらいの温度なので、加温浴槽と交互に入る冷温浴を楽しめます。
人気が高いので、朝から昼にかけてがすいていておすすめ。夕方になると、順番待ちでなかなか入れません。

<源泉掛け流し浴槽>

打たせ湯は、強烈な水量で肩が痛くなるほど。
気合の入った打たせ湯、大好きです。

ちょっと小話

こちらの案内や注意書きはイラスト付で大変分かりやすくできています。接客対応もよく好感でした。
かなり試行錯誤して今に至っていることが、切々と感じられる町の銭湯でした。

六甲山
神戸からはどこから見ても六甲山系が見えるといって過言ではない。
当温泉も、六甲の裾野に位置する。
温泉施設名 灘温泉 六甲道店
住所 兵庫県神戸市灘区備後町3丁目4番地
TEL 078-854-6545
日帰利用時間 6:00~25:00
日帰料金 410円(サウナは+150円)
定休日 3月、6月、9月、12月の第2木曜日
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物低温泉
(低帳性、中性 低温泉)
公共交通機関 JR神戸線六甲道駅から徒歩5分
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www17.ocn.ne.jp/~n-onsen/

訪問日:2009年10月

増富温泉 「増富の湯」-プールのような冷たい湯が心地よい

山梨県甲信越の温泉

日帰り入浴施設「増富の湯」は、信玄の隠し湯と伝えられる甲府盆地北部の温泉地にあります。増富ラジウム温泉という名でも知られていますね。

冷温浴を楽しめるユニークな入浴は必見。

瑞牆山と金峰山が近いので、登山帰りの人もよく利用しているようです。渓谷沿いに温泉旅館がいくつかあり、そちらでも日帰り入浴も受け付けています。

続きを読む→

下部温泉「古湯坊源泉館 別館 神泉」-足元湧出の岩盤風呂

山梨県甲信越の温泉

下部温泉の「古湯坊源泉館 別館 神泉」をご紹介します。

湯の湧き出す岩盤の上にスノコを置いた豪快な湯が目玉。信玄の隠し湯のなかで、現在でも当時の浴槽につかることができるという点でも、貴重な湯です。桜で有名な身延山からも近いです。

続きを読む→