道後温泉「道後温泉本館」-先見の明が生んだ名建築

松山を代表する共同浴場「道後温泉本館」に行ってきました。

松山市内には、数多くの温泉場がある、知る人ぞ知る温泉の宝庫。その横綱格が本館です。風格、泉質ともに、あまりに有名な共同湯ですが、紹介せずにはいられません。建設経緯もまた興味深いものがあります。

施設の説明

大正年間に建てられた堂々たる湯屋建築。日本を代表するといって過言ではありません。当時としても多額の費用がかかるため建設の是非が議論されたものの、作るからには最高のものをという考えから建てられました。九州の横綱「別府温泉」との対抗上、差別化で必要だったという話も聞き及びます。正に先見の明と言えましょう。

2F、3Fの休憩室も見事な造りなので、ぜひ体験してみていただきたいです。

入浴の感想

内湯のみ。「神の湯」と「霊の湯」があり、料金が異なります。

源泉掛け流しですが、保健所からのお達しで消毒を行っています。消毒臭があまり感じられませんので、かなり気を使って運用されているように見受けられます。

<内湯 神の湯>

石造りの湯舟に樽状の湯口から滔々と流れる湯。お風呂屋さんというよりも神社のような感じがしますね。

ごく柔らかい湯の香り漂う無色透明の湯。単純温泉というシンプルな泉質ながら、 隠せない気品があります。芋洗いにも似た混雑状態でありながら、よく湯質を保てるものです。まったく、感心させられます。湯守りさんの大変な苦労あってのこの状態なのでしょう。

温泉施設名 どうごおんせん
道後温泉 道後温泉本館
住所 愛媛県松山市道後湯之町6-8
TEL 089-943-8342
日帰利用時間 神の湯 階下 6:00-23:00
神の湯 2F 6:00-22:00
霊の湯 2F,3F 6:00-22:00
日帰料金 神の湯 階下 410円
神の湯 2F 840円
霊の湯 2F 1,250円
霊の湯 3F個室 1,550円
定休日 年中無休
泉質 アルカリ性単純泉
公共交通機関 伊予鉄道「道後温泉」より、徒歩5分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.dogo.or.jp/pc/

訪問日:2014年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。