Home » 和歌山県, 関西の温泉

熊野 渡瀬温泉「ホテルやまゆり」-関西第一の巨大露天風呂

2017/6/1

熊野本宮に近い渡瀬温泉「ホテルやまゆり」に行ってきました。

名湯揃いの本宮エリアにある、関西第一を謳う巨大露天風呂の宿。同じ川の上流にある「湯の峰温泉」とは湯の質が大いに異なります。むしろ、山向こうの川湯温泉の方が近いというのが興味深いですね。

施設の説明

ホームセンターのコーナンが経営している「ホテルやまゆり」の日帰り部門。入浴券などは、露天風呂の入口で買えるので、ホテルは素通りしてOKです。

敷地はかなり広いので、バス停からかなり歩きます。帰りのバスの時間に間に合うようにお風呂を出るようにしないといけませんね。日帰り施設は地元の物産コーナーになっていて結構な品揃え。小ぶりな道の駅みたいです。

営業時間が長く、駐車場も広いし、のんびりできるということで、マイカーで熊野に来てこちらで長めの休息をとってから帰るというのがこの施設の便利な使い方なんじゃないかと思います。

入浴の感想

<内風呂>

写真は、公式サイトより

露天風呂が有名な本施設ですが、内湯もとても大きいです。天気が悪かったり寒い時でも安心ですね。連休中だというのに空いていました。カラン同士の間隔も広いのが素晴らしい。

<露天風呂>

写真は、公式サイトより

関西第一の巨大露天風呂を謳うだけあって、敷地いっぱいに大きな露天風呂がならんでいます。1つだけでも大露天風呂を名乗れるのでは?

全部回り切れないくらいなので、散歩のような気分で露天風呂行脚。木陰で休める小舎のような風呂もあれば、青空の広がる池のような風呂もあり。

入浴者は少ないので、この広さを実質独り占め。川湯温泉と似たまろやかな湯。浅めの湯船はひと眠りするのに最適。ゆるめの湯なので、長く入っても安心です。

さすがに風呂の数が多すぎるためか、湯の鮮度は湯舟によって違う印象です。湯の特徴の薄さは否めませんが、湯の峰のような体に堪えるきつさもありません。この周辺の水の性質が近いのか、同じ川にある湯の峰や山向うの川湯とも似たテイストを感じます。泉質が違うのに不思議ですね。

温泉施設名 わたらせおんせん
わたらせ温泉 ホテルやまゆり
住所 和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
TEL 0735-42-1185
日帰利用時間 6:00-22:00
日帰料金 700円
定休日 年中無休
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
公共交通機関 熊野交通 熊野本宮行、渡瀬温泉下車
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.watarase-onsen.jp/

訪問日:2014年5月

コメントをどうぞ!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

トラックバック:こちらからアクセス
この記事のコメントのRSS: こちらからアクセス