Home » 和歌山県, 関西の温泉

湯の峰温泉 「旅館あずまや」-環湯で知られる老舗旅館

2016/10/24

湯の峰温泉を代表する温泉旅館「旅館あずまや」を訪れました。

小栗判官の病気快癒の伝説でも知られる温泉は、極めてレベルの高い本宮周囲の温泉地と比べても一線を画す素晴らしさ。

日帰り時間がかなり限られる宿ですが、周辺に一泊していれば熊野古道めぐりのルート次第で帰りに寄ることは可能です。湯の峰温泉内でも、湯の感じは結構違うので、他の浴場も体験していただきたいところ。

施設の説明

名湯つぼ湯の対岸に位置する日本旅館。バス停の目の前にあるのですが、これがなかなかの規模。作られた時代が違う建物が組み合わさっているあたり、実に日本の宿らしいですね。

入浴の感想

玄関で日帰り料金を払って、奥の「環湯」へ移動しましょう。

ちなみに、同じ経営の民宿「民宿あずまや荘」に宿泊していると、本家のこちらの湯も無料で利用できます。民宿はまたお湯の感じが違いますし、風情こそ欠けますが宿泊費も安いのでおすすめです。

<内湯 環湯>

写真は、公式サイトより

環湯と源泉100%のさまし湯。お湯の濃さはさまし湯の方が上。すぐそばの公衆浴場とも異なる湯の感じが面白いです。場所は川を挟んだ反対側という至近距離なのに、こちらは湯の花もほとんどありません。かなり熱いので、長く入るのは難しいのですが、実に上品な湯にうれしくなります。

大正時代に作られたという木造湯小屋は、天井も高く、雰囲気が素晴らしいです。

湯口にはコップがあり飲泉ができます。飲んでみましたが、薄い昆布茶のようなおいしいお湯。温泉おかゆが食事で出るのも納得。

<露天風呂>

写真は、公式サイトより

環湯とは直接行き来できないので、いったん着替えてから移動。

湯の峰温泉では貴重な露天風呂。立地上、景観はないですが、日本庭園風のお風呂は落ち着きますね。環湯とは源泉が異なります。湯の感じも当然違います。こちらはちょっと水っぽい。成分が少ないのでしょうか?

<内湯 むし風呂>

写真は、公式サイトより

高温の源泉を生かした蒸気風呂。天然物のスチームサウナというのも貴重な体験。じっくり入らせていただきました。

おすすめ湯の峰温泉巡り

湯の峰温泉は、場所によってお湯が違うようで、100m離れていない民宿、旅館、共同浴場で全部印象が違います。いずれも一級の湯ばかりなので、ぜひ体験してみてください。

湯の峰温泉 温泉街

河原の両岸に続く温泉宿。川岸では野菜や卵を茹でる湯井戸があり、公衆浴場の隣の売店で買って茹でられます。温泉卵は15分くらいで出来上がり。熱々で中身とろとろでおいしいです。

温泉施設名 ゆのみねおんせん
湯の峰温泉 旅館あずまや
住所 和歌山県田辺市本宮町湯の峰122
TEL 0735-42-0012
日帰利用時間 13:00-15:00
日帰料金 720円
定休日 年中無休
泉質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
公共交通機関 JR新宮駅より、熊野交通 熊野本宮行、湯の峰温泉下車
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.adumaya.co.jp/

訪問日:2015年4月

コメントをどうぞ!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

トラックバック:こちらからアクセス
この記事のコメントのRSS: こちらからアクセス