地獄谷温泉「後楽園」-お猿さんも入浴する渓流の宿

お猿さんの入浴で有名な「地獄谷公苑」の直前にある一軒宿、「地獄谷温泉 後楽園」をご紹介します。

地獄谷の渓谷を眺めながらの露天風呂は、源泉掛け流し。目の前にゴウゴウと音を立てて噴き上がる地獄谷噴泉。他ではまず見ることができない光景のなかでの一湯は、快適の一言。

施設の説明

地獄谷公苑の入口にあるため、徒歩でも車でもちょっと歩きます。ちょっとしたハイキングですが、渓谷を流れる川を見ながらの道行きは飽きることがありません。

徒歩だと、渋温泉から5km、約1時間の距離。上林温泉からのほうが30分と近いですが、道が分かりにくいので渋温泉から行くほうがよいです。渋温泉とセットで回るのがおすすめですね。川の両岸に宿の建物があるので紛らわしいですが、左岸の木目の美しい木造宿がお目当ての本館です。

入浴の感想

帳場で料金を払って湯小屋へ。内湯と露天風呂が利用できます。帳場から湯小屋まで階段を下りていくと、雰囲気のいい内湯に到着。脱衣所を抜けるとすぐ湯舟。

<内湯>

浴室、床、壁全てが白木作りというすばらしい湯小屋。天井は2階分くらいあるので、狭さを感じさせません。

湯は、無色透明。かなり熱いので長湯は難しいです。ちょっと入っては休憩を挟んで、もう一湯といった感じ。すっきりした湯にわずかに香るは硫黄臭。細かい湯の花も舞っています。

そしてこんな場所にもケロリン桶。実に場にマッチしていますね。浴室がよくても、変に浮いた浴具があって、がっかりしたことってありませんか?調和性は大切だと思うのですよね。

<露天風呂>

露天風呂は、内風呂の扉から直接出られます。日帰り時間帯は、混浴。ヨシズ越しとはいえ、川の対岸は観光客でいっぱいなので、女性には難しい条件ですね。風呂前の掲示だと、宿泊では夜間男性・女性専用時間があるようです。

地獄谷噴泉が目の前。対岸は観光客でいっぱい。写真は露天風呂から見た噴泉。

ヨシズがあるので観光客からは直接見えませんが、ちょっと落ち着かないかな。風向きによっては噴泉が冷えて落ちてきた霧が漂ってきます。噴泉前で見学しているときはあまり感じないですが、風下で湯を吹きあげた天然ガスの臭いを感じると、大地の底の力強さを実感できますね。

湯船の底は自然地形を生かした岩のまま。場所によって深さがまちまちなのが味わいがあっていいですね。内湯と違って谷風がありますし、噴泉の霧水が体にかかって心地よいです。この風呂の源泉は目の前の斜面。パイプで直接流し込まれています。

天然記念物 地獄谷噴泉

地獄谷噴泉。間欠泉ではなく、常時噴出を続けています。浅間山の噴火以外では止まったことがないとか。間近までよると湯を吹きあげたガスの臭いが漂います。

温泉施設名 こうらくえん
地獄谷温泉 後楽園
住所 長野県下高井郡山ノ内町地獄谷
TEL 0269-33-4376
日帰利用時間 6:00~10:00
12:00~15:00
日帰料金 500円
定休日 通年営業・不定休
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
公共交通機関 長電バス渋温泉下車、徒歩1時間。
または、同バス上林温泉下車、徒歩30分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.mountaintrad.co.jp/~korakukan/

訪問日:2013年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。