乗鞍高原温泉 湯けむり館-洗っても取れないほど濃い硫黄泉が名物

乗鞍高原の日帰り温泉施設「湯けむり館」に行ってきました。

これほど濃い硫黄泉もめったにありません。数日経っても匂いが残るほど。火山帯の温泉ですが、意外に体に優しく、のんびり入っていられます。

写真は、旧館時代のもの。

施設の説明

乗鞍高原バスターミナルのそばにある日帰り温泉施設です。平成25年に建て替えられました。旧館時代はレストランの真ん中に大型の暖炉があるなど山小屋風だったのですが、新しい建物はあっさりした造り。元の建物はかなりお金がかかったと聞いていますから、今までが贅沢すぎたのでしょう。

この施設、営業時間も長いですし、バスの時間まで温泉に入ってすぐ帰宅できるので、非常に楽チンです。秋・冬は湯上りが寒いので、立地は重要なポイントと思います。

温泉の感想

新しくなっても露天風呂の開放感は健在です。建物が変わって露天風呂がどうなるか心配だったのですが杞憂でしたね。観光地の中心なので周囲は人が多いのですが、不思議と混み合った感じを受けません。

乳白色の湯はちょっと熱めの掛け流し。少しとろみを帯びた湯はいかにも温泉という感じですね。火山性の温泉の割には疲れません。そのせいもあって、なかなか湯から上がりたくなってしまいます。

人によって評価が分かれそうなのは、強烈な硫黄臭。入っているうちは、温泉天国という楽しい要素ですが、数日間残り続けます。真湯で洗い流しても、体にも服にも残ってしまいます。お気に入りの服で来ない方がよいかもしれませんね。

周辺観光

善五郎の滝

夏や秋の観光は情報があふれているので、冬の話題でも。初心者でも簡単に楽しめるスノーシュールートが、高原各地にあります。比較的高低差もなく森林地帯なので、冬でも安心なエリア。氷瀑や動物の足跡など、冬ならではの楽しみがあります。実際ガイド付きスノーシューを楽しんできたのですが、いろいろ質問もできるので、個人散策より楽しかったです。

温泉施設名 乗鞍高原温泉 湯けむり館
住所 長野県松本市安曇鈴蘭4306-6
TEL 0263-93-2589
日帰利用時間 9:30-21:00
日帰料金 大人700円
子供300円(3歳以上)
定休日 毎月第3火曜日または第火曜日
(12月上旬に休館日あり。公式サイト参照のこと。)
泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型)
公共交通機関 [バス]
松本電気鉄道新島々駅より、アルピコバスの鈴蘭行きまたは白骨温泉行き。乗鞍観光センター下車。徒歩1分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.norikura.co.jp/yukemuri/

 訪問日:2010年2月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。