大磯漁協直営「めしや大磯港」 かつての穴場も大繁盛、相模湾の地魚を堪能

大磯漁業協同組合直営の料理店「めしや大磯港」に行って来ました。漁港内に設えられた小さなご飯屋さんで、今や大人気。昔は穴場だったのに、いつ行っても行列ができています。(当日は暴風雨でしたが、20人待ち!)

店は、大磯漁港内にあります。外からは見えないので、本当にここでよいかと心配になりますが、 気にせず漁港の中に入ってください。テラス席と、室内席の2つ。雨の日は室内席のみ。なにぶん小さいので、室内で待つスペースはないのですが、雨天時は漁港施設の屋根のある場所で待つことができるので安心です。漁港施設では、干物などの直産品を販売していました。では、店に入ってみましょう。

後になるほど売り切れメニューが増えていくので、昼前に行くのが吉。写真で横線が引かれたのが、売り切れメニュー。

室内の壁には、メニュー表がかけてあります。このお店では、あえて定食メニューを4種類(港御膳、刺身定食、煮物定食、焼魚定食)に抑えています。少人数運営を前提に、回転できる規模で営業しているという感じですね。いかにも地産地消の店ですが、ちょっと物足りないのも事実。一品メニューも欲しいところです。選りすぐりのメニューと考えるとしましょうか。

刺身定食

アジのから揚げの餡かけ、アジ丼、イカサラダ、味噌汁、ご飯と品数は豊富。

アジ尽くしな一品。なめろうは南関東沿岸部の郷土料理ですね。なめろうは、新鮮なものがおいしいので、やはり漁港で食べたい一品。アジの餡かけは、揚げたて。身はサクサク、餡はアツアツ。時間が経ってしまうと、こうはいきません。手間隙をかけているだけに待ち時間が長い

刺身定食

アジフライ、イサキとイナダの刺身、揚げ豆腐の餡かけ、サラダ、味噌汁、ご飯、こちらも品数は豊富。

刺身より揚げ物のほうが量が多い気がするが、気にしない。刺身はちょっと少なめ。2種類の刺身があるのがお得です。
フライは、家で作るほど脂っこくないのが不思議ですね。しかも断然おいしい。ご飯がおいしいのもとてもうれしい。魚がおいしいのにご飯は残念な店は多いもので、満足感としては重要なファクターだと思うわけですよ。

煮物定食

ウマズラハギの煮物、アジの刺身、アジフライ、イカの煮付、味噌汁、ご飯。

どの定食でも揚げ物は一品ついてくるようですね。付け合せは頻繁に変わるので、今日はなにか楽しみになりますね。

お店について、印象一言

どのメニューもボリューム満点。女性では食べきれないかも。味は付け合せ含めて満足。お値段は、どれも1,200円前後するという強気の設定。しょっちゅう来るにはちょっと高いね。

この店は、人気があるので待ち時間が長いです。30分~1時間は当たり前。最低でも2時間は食事時間にかかる計算になるので、近くをドライブしたときに寄るのが一番よさそう。

夏は、周辺も駐車場も海水浴客で劇混みの場所です。近寄るのも困難なので、その時期をはずすといいと思います。夏でなければ、駐車場も安くなりますし。

お店情報

店名 めしや大磯港
住所 神奈川県中郡大磯町大磯1398-18
TEL 078-752-2619
営業時間 11:30-14:00、17:00-20:00
定休日 水曜日、しけの日
公共交通機関 JR「大磯駅」より徒歩約10分
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.oisokou.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。