山小屋ごはん「北アルプス 奥穂高山荘」

北アルプスの主峰、奥穂高岳の鞍部に位置する「奥穂高山荘」のごはんをご紹介します。
この小屋は定番中の定番なので、涸沢から奥穂高に登った人は、一回はお世話になるのでは?
ボリューム感のある食事、朴葉味噌の朝食と、他の山小屋とチョット違ったお楽しみがあります。

夕食

夕食は、肉料理と魚料理が出ました。
どちらが出るかは当日のお楽しみ。

<バリエーション 肉料理>

豚味噌漬け焼きと生野菜サラダ、マッシュポテト、干し大根と付け合せ

豚肉は味が濃すぎるように思いますが、そこはご飯でカバー。
豚肉は半分でいいので、もう一品違う味付けのものが欲しいところ。
味噌汁は具沢山なのはポイント高し。

<バリエーション 魚料理>

サバのカレー風味焼、鶏の唐揚げ、サラダ、付け合わせのスパゲッティ、包み煮

胃袋にはこちらのほうが優しい取り合わせ。
魚と鳥という味のメリハリがあるので、満足感は上々。

朝食

この小屋の朝食の特徴は、なんといっても飛騨地方の名物「朴葉味噌」が出ること。
しかも、旅館のように一人ひとり携帯コンロをテーブルに並べてくれます。
ほどよく温まり、濃い味付けでご飯が進みます。

大好きな山小屋朝食の一つです。

https://lh5.googleusercontent.com/-OICIAo8QhLw/TRYxllKAsXI/AAAAAAAACQc/j1BFJVN1FLY/s288/DSCF9373.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。