古道の旅「大船高野の切通し(高野台 長窪)」

鎌倉景観百選の高野の切通しをご紹介します。
北鎌倉の高台にある高野地区の切通しで、鎌倉七口と比べ知られていませんが、なかなかに見ごたえのある道です。
かつて山内荘と六浦荘までつながっていたと伝えられています。

高野地区には、今回紹介する公園側の長窪の切通しと、多聞院の切通しがありますが、WEB上では一緒に紹介されていることが多いです。
多聞院の切通しも紹介していますので、こちらのリンクからどうぞ。

スタート地点は、公園脇の住宅の細道

丘の上のスタート地点はとても地味な細道。
山のほうに入ってくのが入口です。

堂々たる切通し道

山に入ってすぐに3m近い深い切通しが始まります。
この意外性が古道探索の醍醐味ですね。
きれいに整形された凹型の地面、苔むした地層が美しいです。

地元の方が整備されているのか、道はとてもきれい。
倒木に邪魔されることもありません。

気持ちがいいほどコの字の道が続きます。

切通しをすぎると竹林に

次第に切通しは浅くなり、崖上の竹林の中を進んでいきます。
急な崖の下は入口からも見えた公園です。

この崖、妙に急なのが引っかかります。
公園のため新たに造成したにしては古そうですし、田畑の跡としては手が入りすぎています。
元は寺かなにかあったのかも。

竹林が終わると、浅い切通しが続きます。
茂みがやや濃いですが、道は明瞭です。

終点は丘上の住宅地

唐突に住宅街に出ておしまい。
下に大船の町並みが見えます。

北鎌倉駅からだとこちらのほうが近いのですが、入口が分かりにくすぎますね。
写真の駐車場と右の家の白い壁の間に、細い道が出口です。

現地地図

鎌倉のおすすめ古道ルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。