下市温泉「秋津荘・明水館ごんたの湯」-古民家の並ぶ街の日帰り温泉

下市温泉「明水館ごんたの湯」に行ってきました。

下市から洞川に向かう途中にある、下市の奥座敷ともいうべき立地。秋野川の渓流を隣に、のんびり入る保養センターです。洞川からくると、ちょうど山岳道路が終わったあたりにあるため、休憩ポイントとしても使いやすいですね。

施設の説明

元々温泉旅館でしたが、現在は日帰り施設中心で運営しています。名前の由来は、下市のゆるキャラ「ごんたくん」から。

同じ敷地内で、日帰り温泉の明水館ごんたの湯と、宴会・研修用の秋津荘に分かれています。奈良交通のバス停も敷地内なので雨の日も安心。食事処も併設していて、お値段はリーズナブル。周囲に食べられるところがないので、丁度休憩がてら寄るのもいいですね。

入浴の感想

炭酸水素塩泉のお湯を加熱利用。循環、消毒ありです。源泉名は「秋野温泉」と分析表には書いてありました。すぐ隣にある秋野川から採用したのでしょうね。

<内風呂>

水風呂、加熱浴槽あり。水風呂も加熱しているそうですが、消毒の臭いもなく、一番源泉に近い状態なのではないかと思います。

加熱浴槽は、当日は薄く黄色がかった濁り湯になっていました。他の方の入浴記では透明な日もあるそうなので、いわゆる「変わり湯」なのでしょう。お湯の温度はごく普通で、クセがないので入りやすいです。特徴が少ないといえばその通りだとは思いますが、日常に入るとしたらこのような湯でしょうね。

<露天風呂>

露天風呂もあります。集落内のため景色は望めませんが、ちょっとした庭園風になっています。湯使いは内風呂と大きく違わないように感じられました。

旧街道「丹生天川街道」沿いの下市古民家群

下市は、吉野の入口として、林業の地として栄えた場所だそうで、そうそうたる古民家が川の両岸に立ち並んでいます。古民家の率もかなりのもの。造り酒屋あり、街道の石柱ありと、見どころも多くて、もっと有名でもおかしくないと思います。下市温泉と下市口の途中にあるので、時間があればぜひ訪れてみてください。

温泉施設名 しもいちおんせん あきつそう・めいすいかん
下市温泉 秋津荘・明水館ごんたの湯
住所 奈良県吉野郡下市町よ邑2189
TEL 0747-52-2619
日帰利用時間 10:00-20:00
日帰料金 500円
定休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日の火曜日)、年末年始
泉質 カルシウム・ナトリウム一炭酸水素塩泉(低張性・中性・冷鉱泉)
公共交通機関 近鉄吉野線下市口駅より、奈良交通バス岩森行きで20分、下市温泉下車すぐバス。
周辺地図 googlemap
公式サイト 下市町公式観光ガイド

訪問日:2015年7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。