鳴子温泉郷 鳴子温泉「東多賀の湯」-西多賀と対で入りたい野性的な濁り湯

鳴子温泉郷の「東多賀の湯」に行ってきました。とても家庭的な雰囲気のお宿。乳白色の濁り湯が売りとなっています。

お隣の「西多賀の湯」も乳白色なのですが、こちらはちょっと毛食が違います。上品な西多賀と野性的な東多賀といえばいいでしょうか。

鳴子は数多くの泉質を誇っているため、入浴行脚がとても楽しいところ。すぐ隣でも湯質が違うお風呂が楽しめるのがいいですね。

鳴子温泉では、温泉郷内の日帰り入浴が割安で利用できる「湯めぐり手形」がお得です。

施設の説明

江合川沿いにある温泉旅館です。湯治のための民宿といった雰囲気。宿の方たちも気さくで、気軽に利用することができました。

入浴の感想

表の近代的な外見とうって変わり、伝統的な木組みの浴室。

硫黄の濁り湯なのですが、すぐ隣の「西多賀旅館」とも違った風合いの湯で、鳴子の奥深さをよく感じさせる湯と思っています。入り比べでこれほど宿によって湯が違う地域も少ないもので、ほとほと感心させられます。ぜひ実際に比べてみてください。

<内湯>

乳白色の湯をたたえられた湯船。程よい温度で、のんびり浸かれます。実にリラックスできる湯で、疲れやすい湯が多い鳴子の中で、特筆すべき湯だと思います。もちろん、源泉掛け流しです。溶き卵のような湯の花も舞っていて、なんとも飽きさせません。

浴室内はちょっと狭いのですが、多人数が使うわけではないので、これで十分なのでしょう。

温泉施設名 東多賀の湯
住所  宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷160
TEL  0229-83-3133
日帰利用時間  10:00-15:00
日帰料金 500円
定休日 年中無休
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素温泉(硫化水素型)
公共交通機関 JR東日本 磐越西線 「鳴子温泉駅」から徒歩4分
周辺地図 googlemap
公式サイト http://higashitaga.net/

訪問日:2006年4月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。