瀬見温泉 「共同浴場・ふかし湯」-湯も素晴らしいが天然蒸し風呂も捨てがたい

瀬見温泉は、小国川沿いにある源義経の子の産湯の地と伝えられる古湯です。共同浴場の裏から川に降りると、川岸にはこの地の起源と言われる源泉が湧き出しています。静かな温泉街をそぞろ歩きもよし、レトロな温泉旅館でもう一風呂もおすすめ。

施設の説明

瀬見温泉の共同浴場は、同じ建物にふかし湯と内湯の2つがあります。それぞれ利用時間が違い、観光客の利用時間制限があります。
現地には利用可能時間が書いていないので注意。

入浴の感想

ふかし湯と内湯とは入り口が分かれています。お互いにつながっていないので、一度着替えてから移動する必要があります。

<ふかし湯>

「ふかし湯」は高温の源泉を利用した蒸し風呂です。受付はないので、温泉組合の事務所か近くの宿屋にお願いして入り口のカギを借りて入りましょう。脱衣所にあるボタンを押すと、換気扇が回りだし蒸気が床から吹き出します。特に説明書きもないので、最初ボタンに気づけませんでした。

アメ色の床板が綺麗な浴室です。木の枕は硬いのでちょっと痛い。タオルをかけるといいかも。暑くなく寒くもない、あまりに心地よいので眠ってしまいそうです。…実際眠って駅までかける羽目になりました。

ふかし湯 穴から蒸気が吹き出します

<内湯>

料金タイル貼りの浴槽1つの素朴な内湯。温度は熱く長く入るのは大変です。無色透明でくせのない湯は、リラックス感が強く気持ちがいい。ふかし湯の後に内湯に入って、すっきりしたところで帰途に着くのがおすすめです。ふかし湯でも結構汗をかきますし、流し湯がありません。

温泉街の風景

共同浴場のすぐ裏にある、河原から湧き出す元湯。残念ながら熱すぎて入れない。冬でも無理では?

共同浴場前にある神社の飲泉場

弁慶の像が立つ小国川の橋

老舗温泉宿。日帰り利用も可能です。

温泉施設名 瀬見温泉
住所 山形県最上郡最上町瀬見温泉
TEL 0233-42-2123
日帰利用時間 ふかし湯  9:00~12:00、
13:00~16:00
共同浴場 10:00~18:00
※共同浴場は、8:30~10:00まで清掃時間ふかし湯の鍵は、近所の旅館から借りる。日帰利用りも可能。
日帰料金 ふかし湯 200
共同浴場 300
定休日 無休
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩温泉
公共交通機関 [電車]
JR陸羽東線 瀬見温泉駅より徒歩15分
周辺地図 GoogleMap
公式サイト http://semi-onsen.com/

訪問日:2010年10月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。