有馬温泉「有馬療養温泉旅館」-川崎にある赤い濁り湯の宿

有馬温泉は川崎市北部の街中にある一軒宿です。南関東に稀な赤湯を掛け流し。湧出量が非常に限られているのですが、なんと飲泉もできてしまいます。効能は貧血。さすが鉄泉ですね。

開湯は大化三年十二月、今から1300以上前に「役小角」という行者よって発見された日本最古の療養泉だそうです。

施設の説明

当時の源泉はすでに涸れてしまったため、現在の源泉は昭和になって掘ったものです。(自家源泉3本)バス通りにある茶色の立派なビルですが、遠くから分かるような看板がないのと、一見マンション風で宿と気づきにくいので、最初うっかり通り過ぎてしまいました。

温泉旅館「有馬療養温泉」の1Fが入浴、2Fは休憩室。湯上りには、冷たい源泉を飲むこともできます。ここの温泉は飲泉可能です。受付で紙コップを渡してもらえるので、湯船の湯口で直接源泉を組むこともできます。

厚生労働省のシルバースター旅館に認定され、湯治の雰囲気があります。

入浴の感想

街中なので内湯のみ。

<内湯>

内湯は、暗褐色の湯があふれる小さめな浴槽が1つです。注ぎ口には温泉の成分が分厚く付着したコップが置いてあり、成分の濃さに期待が高まります。浴槽には、きめの細やかな湯の花が底にたまっており、手で底をなでると真っ赤になります。朝一番だと油とともに黄金の幕が湯の表面に現れるらしいです。行ったのは午後だったので痕跡もありせんでした。

源泉は新鮮なため色は透明です。強烈な鉄さび味で金気臭も強いので、うまいとはとても言えませんが、貧血に効くというのは納得です。出た後は、体が火照っていて、あっという間に汗だくになってしまいました。さすが鉄泉。

福祉対応

エレベーターや段差解消、手すりが完備されており、高齢者や車椅子でも安心して利用できる。

温泉施設名 有馬療養温泉旅館
住所 神奈川県川崎市宮前区東有馬3-5-31
TEL 044-877-5643
日帰利用時間 11:00-22:00
日帰料金 通常時間1,700
サービスタイム700
(20:00-22:00)
定休日 水曜日
泉質 単純炭酸鉄泉
(緊張低張性冷鉱泉)
公共交通機関 [徒歩]
東急田園都市線鷺沼駅より徒歩15分。[バス](東急バス)
鷺沼駅3番のバス停から4つ目「中有馬」で下車、バス停より150m。
行き順は道なりですが、何ヶ所か分岐が途中であるので、バスをおすすめします。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.h6.dion.ne.jp/~a-onsen/

訪問日:2012年7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。