湯河原温泉「上野屋」-名湯ままねの湯と同じお湯だがぬるめで入りやすい

湯河原温泉の温泉場中央にある上野湯旅館に行ってきました。

お隣にある名湯「ままねの湯」と同じお湯を使っているのですが、こちらは適温に下げてあるのでとても入りやすい万人向け。もちろん源泉掛け流し。湯河原の日帰り温泉施設はイモ洗いなので、のんびりすごすならこんな宿の方がいい。

万葉集のころより名が知られ、温泉番付では常に上位を占めてきた歴史ある温泉郷です。

湯河原温泉は、JR湯河原駅周辺(城山地区)、湯河原温泉(温泉場中央周辺)、奥湯河原温泉の3つのエリアがありますが、今回紹介するのは、本家の湯河原温泉です。

施設の説明

湯河原地区に見られる純和風の旅館のひとつです。重厚な入り口は、新しい施設には見られない風格があります。ままねの湯の源泉でもあります。露天風呂もありますが、日帰りで利用できるのは内湯のみです。休憩所はありません。

入浴の感想

<内風呂>
内湯は、ヒノキ枠の石作り1つのシンプルさ。42度くらいの適温で、軽く体を押さえつけられるような浴感です。こごめの湯とは湯温が近いものの、浴感はまったく違います。長湯ができると言いたいところですが、以外にパンチがあるのできついかも。

ここの特徴は、湯口と脱衣所の冷水で源泉が飲めること。薄塩味の昆布茶のような味で、なかなかおいしい。ただ腹にこたえます。
炭酸水のようなシュワシュワ感が若干あるのが、源泉の温度が高いことを考えると驚きです。ままねの湯の熱さはちょっとというひとにお勧め。


六瓢の湯
温泉施設名 源泉 上野屋
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上
TEL 0465-62-2155
日帰利用時間 11:00-21:00
(時間は変わることがある)
日帰料金 不明
定休日 1,000円
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
(含石膏-弱食塩泉)
公共交通機関 [箱根登山バス]
JR湯河原駅より、湯河原温泉行き。
温泉場中央下車。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www4.i-younet.ne.jp/~uenoya/

訪問日:2004/2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。