かんな川温泉 「湯郷 白寿」-温泉成分で千枚田状態

「湯郷 白寿」は、埼玉県北西部の日帰り入浴専門施設です。以前は、「かんな川温泉 白寿の湯」という名前でした。温泉成分で千枚田になった浴場で知られています。


白寿の湯周辺の眺め

施設の説明

周囲は田園地帯。かなり大きな施設で、駐車スペースもたくさんあります。1Fは、食事処、畳敷きの休憩施設、2Fは入浴施設です。施設の雰囲気は、大型のスーパー銭湯といったところ。駐車場に止まっている車は多かったですが、その割には浴室は空いていました。

入浴の感想

内湯1、露天1。浴室は2Fにあります。施設内の写真紹介では、朝一番は白い湯の花が湯面全体を覆い、湯の色も白。年を経るとともに、湯の色が今の赤から白になると予想されているそうです。

<内湯 大浴場>

まず浴室に入って驚きます。温泉成分の固形分で元の床がほとんど見えない!浴槽の縁に固形物がついているのは他でも見かけますが、浴槽周辺のみならず洗い場全体が固形物で覆われているのは一見の価値ありです。温泉分析表を見たところ、1リットルあたりの成分総量が31g。非常に濃厚な源泉なので加水していますが、それでもこの迫力。

肝心の湯ですが、オレンジがかった赤色で、塩分が濃いです。循環なので飲湯はできませんでした。湯温は42度くらいで高くはありませんが、泉質のためかのぼせやすいように感じました。湯ざわりはとても滑らかで、若干なまった感じはあるものの鮮度はあります。

<露天風呂>

露天風呂は、内湯から外に出た場所にあります。展望はありません。

内湯と同レベルの湯使いか?湯は豊富に流されています。循環とはいえ、堆積物の厚みをみると、十分新鮮な湯を投入してそう。内湯と異なり、こもらない分のぼせにくいように感じました。

(公式サイトより)

温泉施設名 ゆごう はくじゅのゆ
湯郷 白寿の湯
住所 埼玉県児玉郡神川町渡瀬337-1
TEL 0274-52-3771
日帰利用時間 10:00-23:00
日帰料金 600円
(3時間、平日フリータイム)
平日8:00以降、100円引き
定休日 年中無休
泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉
(高張性・中性・低温泉)
公共交通機関 [バス]
JR高崎線本庄駅下車。
朝日バスで、本庄駅南口より神泉村役場行き、下渡瀬下車。徒歩2分。バス間隔、1時間1本程度。[バス]
JR八高線丹荘駅前を同じ路線のバスが通っている。
丹荘駅前バス停の場所
丹荘駅前を左に100m行くと、踏み切りのある道路に出る。右に曲がってすぐの小学校校門前。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://yugo.co.jp/spa/hakujyu/

訪問日:2005年12月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。