那須温泉郷 大丸温泉 「大丸温泉旅館」-川自体が露天風呂

奥那須温泉郷の大丸温泉は、那須岳直下の温泉地です。那須高原道路の終点近くにあります。大丸温泉からは那須岳が見え、紅葉もよしで大変景色がきれいです。

施設の紹介

大丸温泉旅館は、那須岳へ登る谷筋にある川の湯。川そのものをせき止めた露天風呂は、一見の価値あり。場所もバス停の近くにある好立地なので、那須岳散策の後にどうぞ。雑誌などで紹介されることも多いので、シーズン中はかなり込んでいます。

入浴の感想

内湯と露天風呂があります。

<露天風呂>

露天風呂には、内湯から階段を下りて入ります。男性内湯から出てすぐにあるのが、「白樺の湯」。上流には、「あじさいの湯」と「あざみの湯」があります。

流れてくる川そのものが温泉で、川に木堰を作って流れをせき止めた露天風呂にしています。湯川は規模からいうと小さな沢ですが、小品だからこその美しさがありますね。細かい小石の敷き詰められていて足の感触がこそばゆいです。ぬるめの湯ですし、湯自体も負担が少ないので、長居ができるのはうれしいですね。入っている間にも、せき止め口からとめどなく流れつづける湯を見られるというのが醍醐味ですねえ。こんな湯川が日本のどこか人の通わない山奥にもあるのでしょうね。

<内湯>

小ぶりながら、良い雰囲気の湯です。和風の内湯からも湯川が見えます。

周辺情報

バスで那須ロープウエイまで登り、那須岳へ。噴煙を今なお上げる荒々しい山です。時間があるなら、隣の朝日岳を峰の茶屋経由で上ると那須岳の全景が楽しめます。

温泉施設名 大丸温泉旅館
住所 栃木県那須郡那須町大字湯元269
TEL 0287-76-3050
日帰利用時間 11:30~14:30
日帰料金 大人 1,000円
定休日 不定休
公式サイトに「日帰り入浴お休み日」が掲載されています
泉質 単純硫黄泉
公共交通機関 「バス」東野バス
JR東北本線 那須塩原駅よりバス60分
大丸温泉下車。徒歩5分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.omaru.co.jp/index.html

営業時刻や交通機関のダイヤは現地にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。