湯田中温泉「ホテルゆだなか」-湯田中の日帰り可能な温泉ホテル

湯田中・渋温泉郷の湯田中温泉「ホテルゆだなか」を訪れました。

お互い3km程度しか離れていないため、比較しがちな2湯ですが、両方入浴してみると魅力もわかるというもの。レトロな街並みで売る渋温泉に比べ、歓楽街という印象の強い湯田中ですが、実際に足を運んでみると、意外な魅力でいっぱいでした。湯も確かなもので、「湯田中・渋」と名乗るに十分なものがあります。

施設の説明

ホテルゆだなかは、日帰りに力をいれている温泉ホテルです。

建物内のロビーは、一見健康ランドにしか見えないので戸惑ってしまいました。大浴場は1F。食事ができる畳敷きの休憩室や格安で宿泊できる仮眠室があります。仮眠室は、GWにも関わらずガラガラ。天候に左右される自転車旅だと、直前に予約したいもの。助かる宿泊プランです。敷地内の料理店も安めの価格帯。周囲に食べ物屋があまりないので、こちらの利用で十分。

入浴の感想

脱衣所は広々。やっぱり健康ランド風です。

<内湯>

スーパー銭湯のように、多数の浴槽が用意されています。サウナや薬湯も完備。全体的に照明が暗めかも。真ん中の階段の上は浴室内休憩所?かつては、飲泉場だった様子。飲泉について記載された説明版もありましたが、今は飲める場所はなさそうです。

源泉掛け流しの浴槽は、一番奥。薄い硫黄臭が漂う無色透明の湯。源泉温度が高いため、湯元でもまだ熱いです。かなり力強い湯で、長湯では湯疲れ必至。渋温泉の渋大湯以外の共同浴場と湯の傾向は似ていますね。ぐったりはするものの、これぞ温泉という特色のある湯に満足。

ぶらり、湯田中街歩き

湯田中温泉と渋温泉は、同じ川に面していますが、こちらは崖上にある温泉地。共同浴場の数は10以上と遜色ありません。歩くほどに出会う外湯の数々。デザインも違っているので、見て回るのが楽しいです。よくもこれだけ建てたものですね。渋温泉と違い、すべての共同浴場で観光客お断りなのが残念でなりません。

幕末の医師「松本良順」の筆になる扁額のある共同湯。入口の湯口で味見ができます。まろやかな味わいは、確かな泉質を感じさせるもの。

一見、神社のように見えますが、これも共同浴場。

湯田中大湯。町の中心の湯にふさわしい堂々たる造り。

温泉中心部には、渋い旧家屋がたくさん残ります。歓楽街は崖下の川沿いなのでこちらにはその雰囲気は届いておらず、いたって落ち着いた様子です。

志賀高原の山並みを背後に建つ湯田中の街並み。

温泉施設名 ホテルゆだなか
住所 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏3246-2
TEL 0269-33-5888
日帰利用時間 24時間営業
日帰料金 500円
定休日 年中無休
泉質 含硫黄- ナトリウム・カルシウム- 硫酸塩・塩化物温泉
弱アルカリ性、低張性、高温泉
公共交通機関 長野電鉄 湯田中温泉駅より、徒歩5分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.yudanaka.com/

訪問日:2013年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。