渋温泉「共同浴場 渋大湯」-日帰り客にも開かれた黄土色の湯が特徴の浴場

渋温泉の共同浴場 「渋大湯」を訪れました。

渋温泉では、唯一宿泊者以外の日帰り入浴が可能な共同浴場です。共同浴場の中では大湯は特異な存在で、湯が大きく異なります。さすが大湯の名前を冠されるだけあって、湯・雰囲気ともに素晴らしいお風呂です。

日帰り専門施設は他にもありますので、ぜひ楽しんでみてください。宿泊されるなら、他の数多い共同浴場も使えますので、宿泊もおすすめです。

施設の案内

まずは観光協会で入浴券を買いましょう。観光協会は集落のはずれにあるので、浴場からは離れています。

入浴券を持って浴場近くの土産物屋さんに頼むと入り口のカギを開けてもらえます。浴場は、いったん出るとオートロックされて戻ることができないので忘れ物注意。内部にトイレはありません。

入浴の感想

脱衣所は共同浴場としては広めですが、玄関近くにあるので必然的に混み合います。脱衣所からは、温泉熱を利用したミストサウナと浴場に行けます。ミストサウナは、浴室と分かれていて直接移動することはできません。脱衣所を経由する必要があります。

<内湯>

写真は、公式観光協会サイトより。

浴室はコンクリート打ちっぱなし。床は木張りです。飾りっ気のない浴室ですが、なんとも味がある共同浴場です。これは気に入りました。共同湯ですので洗い場はありません。

浴槽には黄土色がかった濁り湯が湛えられています。これは硫黄ではなく鉄分によるもの。土気類の香りが強いです。他の共同浴場が無色透明なのにここだけは別。温度は大変高いので最初は入るのが大変ですが、だんだん慣れてきます。体を動かさなければ問題なし。2槽あるうち脱衣所に近いほうが若干ぬるめです。もちろん源泉掛け流し。出入りを繰り返して、最後はちょっとクラクラになってしまいました。さすがに力のある湯は違いますね。

<蒸し風呂>

温泉蒸気を使った蒸し風呂。浴室とは別室で、脱衣所から直接入れます。まさに個人サイズですがこれもいいものですね。熱い湯と蒸し風呂のコンボはかなり体にくるので、お気を付けを。

温泉街の光景

温泉街の宿泊者は、他の共同浴場も利用できます。公開されているのは大湯を含め全部で9つ。大湯と異なり湯はおおむね同じです。気に入った浴場にふらり立ち寄るのが楽しいですね。共同浴場自体はジモ専も含めるともっと多いというのが驚きです。

温泉施設名 しぶおんせん おおゆ
渋温泉 大湯
住所 長野県下高井郡山ノ内町平穏2115 ‎
TEL 0269-33-2921
日帰利用時間 10:00-16:00
日帰料金 500円
定休日 無休
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
公共交通機関 長野鉄道湯田中駅から徒歩30分弱、または同 湯田中駅よりながでんバス志賀高原行バスで渋温泉下車。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.shibuonsen.net/

訪問日:2013年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。