コラム7 近畿地方の鉄泉を訪ねて

温泉まめ知識

兵庫県にある有馬温泉は、鉄分豊富な赤茶けた湯で知られた名湯です。しかし、なぜこのような特徴的な湯が沸いているのかは不明でした。地下にマグマが存在し、そのため高温の湯が出ることは知られていましたが、それ以上のことは分からなかったのです。

ところが、阪神大震災後、地下構造の調査が進むにつれて、兵庫から紀伊半島にかけて地下に断層が横たわっているという説に根拠が示されるようになりました。

続きを読む→

温泉レポートでのお勧め度判断基準

よもやま話

あくまで個人の判断基準です。

基準 厚み分け 具体例
湯使い 源泉投入量の多さ、消毒剤使用有無など。
浴室の雰囲気 浴室の混み合い具合、落ち着いて入れるかどうかなど
休憩所 広さ。混み具合。騒がしくないか。
値段 設備に対して妥当な価格か。施設のある地域の平均的な価格と比べ、高くないか。
施設の雰囲気 趣のある建物
アメニティ シャンプー、タオル等が用意されているか(ただし、石鹸の効かない温泉は基準としない)
接客 従業員の接客態度
温泉情報掲示 第三者の温泉情報を掲載しているか(分析機関の温泉分析表、日本温泉協会の掲示など)