新野地温泉 「相模屋旅館」-雪見風呂は特に素晴らしい濁り湯の宿

相模屋旅館は、海抜1200m安達太良山塊・箕輪山の北、鬼面山の中腹にある温泉旅館。日本秘湯を守る会の会員です。

周囲は、当サイトでも紹介している野地温泉と新野地温泉の2軒の宿だけがある隔絶した地で、福島方面に開けた斜面からの眺めは大変すばらしいです。朝の輝く雪面は一見に値します。

当地では双璧の野地温泉も行ってきました。

野地温泉の温泉レポートはこちら

施設の説明

宿はいたって普通の旅館。最寄のバス停は野地温泉ホテルの前のため、少し距離があります。露天風呂はさらに宿から離れているので、思ったよりバス停まで時間がかかりますので、注意してください。

入浴の感想

内湯1、露天1です。露天風呂は、雨の日と夜は入浴できません。

<露天風呂>

露天風呂は、野天風呂というだけあって非常に野趣豊かです。

ホテルからは、木道を歩いて露天風呂に向かいます。周囲は広々としており、露天風呂への道というより、雪原の遊歩道という雰囲気。木の棒を風呂の周りに突き刺した柵が迎えてくれます。
まるで砦です。

着替えは、風呂脇の棚(屋根もない)でします。総木作りの浴槽で、浴槽周辺以外は雪が積もって雰囲気抜群。

真正面に鬼面山が見えるので、眺めも殊のほか良いですね。風呂脇は小川ですし。冬の入浴のため、湯はあまり熱くありませんが、長湯するにはちと熱いか。風がなければ湯船のへりで湯冷ましできます。

湯は、野地温泉の鬼面の湯以外と似ています。上品な白色で、湯の花もパウダー状でした。湯も飲んでみましたが、マグネシウム系苦味という感じです。

<内風呂>

内湯も湯治宿の雰囲気がいっぱい。内湯も宿とは独立した建物で、露天風呂に行く手前にあります。

中は、これぞ湯治宿という質素な作り。仕切りのプラスチック板が、雰囲気を壊しているのでちょっと残念です。

周辺情報

安達太良山の登山口がホテルの隣にあります。メインコースではないので、道は荒れ気味という話。山頂から距離があるため健脚向きと言われています。


鬼面山

温泉施設名 しんのじおんせん さがみやりょかん
新野地温泉 相模屋旅館
住所 福島県福島市土湯温泉町字野地2
TEL 0242-64-3624
日帰利用時間 10:00-15:00
日帰料金 500
定休日 年中無休
泉質 単純硫黄温泉
(硫化水素型)
公共交通機関 [バス]
JR東北本線福島駅より、「急行ハイランド循環」バス、または路線バスで野地温泉下車。
野地温泉バス停より10分。いずれも冬期運休。冬季は宿泊者のみ旅館の送迎バスあり。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www6.ocn.ne.jp/~sagamiya/

訪問日:2005年4月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。