箱根 二ノ平温泉「亀の湯」-箱根共同浴場の一つ

箱根十七湯の「二ノ平温泉」の共同浴場「亀の湯」に行ってきました。

二ノ平温泉は昭和30年代に開発された比較的新しい温泉地で、小規模な宿が集まっています。強羅の彫刻の森美術館からわずか徒歩10分という好立地なのですが、あまり知られていません。だからこそ隠れた名湯を探す楽しみがあるというものです。

施設の説明

通りに面した素朴な民宿風の共同浴場。場所を知らないとうっかり通り過ぎてしまうかも。小さな外観ながら、中には休憩室や家族風呂もあります。こちらは、二ノ平温泉の元湯で、各宿に配湯しています。源泉は浴場の裏の木立にあります。

この付近から湯元方面へ下る道路が渋滞するので、渋滞が切れるまで時間つぶしにも最適です。

ロビーのソファー。玄関で料金を払って、脱衣所へ。

入浴の感想

温泉地の真っただ中なので、内湯のみです。設備は全体的に古いものの、きれいに清掃されています。

<内湯>

タイル張りの3人入ればいっぱいという小さな浴槽。天井がとても高いので、狭いという印象はありません。小さな湯船に、源泉かけ流しの湯を少しずつ流しこませています。温度は高めだけれど、のぼせるほどではないですね。もちろん鮮度は十分。

湯は、無色透明。わずかに香りあり。場所が近い強羅温泉の自家源泉の宿群が鉄分を含むのとは異なり、 塔ノ沢に近い湯加減。300mのボーリングによる湧出なので、早川沿いの温泉に似ているのは必然?リラックスできる湯なので、入浴しているとだらけてくるのが心地よいです。

さらに下流にある塔ノ沢温泉ほどマイルドではありませんが、宮ノ下温泉ほどきつくもない。箱根界隈は、無色透明とはいっても 、それぞれ個性があるのが面白いですね。

温泉施設名 二ノ平 亀の湯
住所 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1080
TEL 0460-82-2344
日帰利用時間 11:00-21:00
日帰料金 550円
定休日 曜日
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
(含重曹芒硝弱食塩泉)
低張性アルカリ性高温泉
公共交通機関 箱根登山鉄道 彫刻の森駅から徒歩15分
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト なし

訪問日:2013年1月

そのほかの箱根共同湯はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。