箱根湯本温泉「弥坂湯」-旧東海道沿いの共同湯

箱根七湯 箱根湯本の町営共同浴場「弥坂湯」に行ってきました。

旧街道の湯坂道に面した町営温泉です。 もちろん完全源泉掛け流し。硫黄臭漂う新鮮な湯は一品。レトロ感も伝統ある浴場ならではですね。

箱根湯本駅からだと、歩きでは案内板がないので場所が分かりにくいですが、いったん早雲寺まで行き、すぐそばの県道「湯坂道」を登るとたどり着けます。

施設の説明

元々地元地区で運営していたものを箱根町営に改めたもの。そのため、昔ながらの共同浴場の雰囲気のまま続いています。町への運営移管に伴い、町営源泉に変わりました。部外者料金が高いのが難点ですが、乗り越えるだけの湯の良さがあります。

入浴の感想

<内湯>

ほのかに硫黄臭のある無色透明な湯。レトロなタイル張りの円形湯船。

湯本も源泉の多い地区ですが、硫黄の臭いがある湯は見かけません。源泉の鮮度の良さが感じられますね。季節により温度は変わるとのことですが、熱めに調整されている様子。

温泉施設名 はこねゆもとおんせん やさかゆ
箱根湯本温泉 弥坂湯
住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本577
TEL 0460-5-5233
日帰利用時間 営業時間/9:00~20:30
日帰料金 650円
定休日 木曜日
泉質 アルカリ性単純温泉
公共交通機関 [電車]
箱根登山鉄道 箱根湯本駅より徒歩10分。
公式サイト なし

訪問日:2011年5月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。