白根温泉「加羅倉館」-日光白根山山麓の渋い温泉場

白根温泉「加羅倉館」に行ってきました。

片品から丸沼高原スキー場や日光白根山へ向かう途中にある一軒宿。

大量投入された完全源泉掛け流しの湯は圧巻。熱い湯が好きな方ならかなり気に入るはず。

日帰り営業時間も長く、白根山の登山や丸沼高原スキー場の帰りに汗を流すのに最適です。駐車場も広いです。

すぐ近くには、日帰り施設の「薬師の湯」がありますが、湯元は「加羅倉館」とのこと。

宿とは独立した温泉棟

この宿は珍しいことに、国道の両側に施設があります。

道路の反対側にある和風な本館で料金を払ってから、温泉棟へ。

温泉棟は半地下構造のコンクリート造りの近代的な建物です。壁面になにも書かれておらず、ちょっと工場っぽい。

歴史ある温泉地は、自然湧出の湯を利用するため周囲より低くなったところに湯船があることが多いです。

白根温泉の発見は江戸時代初期で、宿も昭和5年創業と古いので、元から源泉口のそばに温泉棟があったのかもしれませんね。本館が日本旅館然としているだけに、その差が際立ちます。

温泉棟の建物の外観は大きくて驚かされますが、中はそれほどでもありません。休憩室もありませんでした。

内湯

国道沿いなので内湯のみ。脱衣所は広め。団体利用も可能そうです。

写真は公式サイトより。

タイル張りの浴室の真中に四角い湯船。壁面から出ている筒からは豪快な量の湯が投入されていて、滝湯のようになっています。湯は無色透明。温度はかなり高くて、湯口には近寄りがたいほど。

湧出量600Lを誇るだけはありますね。ちょっとした温泉街が作れるくらいの量ですよ。

カランも源泉。桶にお湯を汲んでみると一瞬白く濁ってから透明になります。

湯船からはやわらかな湯の香り。消毒をしていない完全掛け流しならでは。

熱い湯が好きな方ならかなり気に入るはず。かなり力強い湯で、短時間でものぼせやすく、浴後はかなり疲れました。

浴室は風情があるとは正直言えませんが、シンプルで清潔。実質地下1Fなので窓はないですが、天井が高いので閉鎖感はありませんでした。

道中はトウモロコシ街道、ぜひ名物をご賞味を

白根温泉の周辺にはないのですが、もう少し下ったところに点在している国道沿いの焼きトウモロコシ屋さんでのお食事がおすすめです。

醤油を塗ってその場で焼いた甘くておいしい味は絶品なので、ぜひご賞味を。こんなにおいしかったんだと驚かされますよ。トウモロコシ街道と言われる片品だけはありますね。

温泉施設名 しらねおんせん からくらかん
白根温泉「加羅倉館」
住所 群馬県利根郡片品村東小川4653-21
TEL 0278-58-2251
日帰利用時間 7:00~21:00
日帰料金 410円
定休日 年中無休
泉質 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
公共交通機関  関越交通バス上毛高原駅-丸沼高原スキー場行き。白根温泉下車。徒歩0分。
周辺地図 googlemap
公式サイト https://www.karakurakan.com/

訪問日:2017年10月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。