伊豆山温泉「共同浴場 浜浴場」-歴史ある名湯の地元湯

源頼朝も利用した走り湯で知られる古湯「伊豆山温泉」。共同浴場「浜浴場」に行ってきました。

傾斜地にへばりつくように建つ温泉街からは、相模湾を見下ろす絶景あり。いぶし銀の良い湯を堪能できます。

施設の説明

道中の宿では、壁面を覆い尽くすほどたくさんの源泉パイプが渡されており、美観は損なうものの風情があって私は好きですね。

すぐ近くに有名観光地の熱海・箱根があり、伊豆山は小規模宿や保養所が中心なので、比較的地味な存在です。それがかえって落ち着いた風情を残せたのではないかと思っています。

浜浴場ですが、国道沿いというすばらしい立地ながら、場所はわかりにくいです。

共同浴場が入居しているピンク色のビルは大きく目立っているのですが、肝心の浴場が、表通りに看板がありせん。浴場の入口は、伊豆山神社に向かう参道の階段を国道から海に降りる途中にあります。国道から見ると地下1Fです。知らなければマンションの裏口にしか見えないでしょう。立地的にも・気持ち的にも死角にあるのです。

市街地に入る道は2か所のみ。車を止めるところもほとんどありません。

入浴の感想

共同浴場のため内湯のみ。番台で料金を払って利用します。脱衣所は長椅子もある広々とした作り。

うれしいのが源泉パイプで温められたお手洗い。いつも凍えることが多いのでうれしい配慮です。

<内湯>

タイル張りの浴室の奥には、あつめとぬるめの2つの浴槽。丁度行ったときにはいずれも適温でした。苦みの強い湯は無色透明。熱海ほどではないですが、塩分があります。

浴室内は広いので、熱くなったら椅子で涼むのもいいかもしれませんね。あまり体に堪えないので、何度か出入りして楽しませてもらいました。

走り湯源泉

一押しの観光スポット。海岸近く、うみのホテル中田屋の真裏にあります。横堀のトンネルの中では、ゴボゴボと音を立ててあふれる湯桶あり。冬だと、トンネルの入り口からもうもうと湯けむりがあがり、中はほとんど見通せないくらいです。残念ながらかつての源泉が枯れてしまったため、現在は再現されたものなのですが、湯河原などにある横堀源泉は中を見ることができないので、貴重な体験です。

温泉施設名 いずさんおんせん
伊豆山温泉 浜浴場
住所 静岡県熱海市伊豆山579-37
TEL 0557-80-0210
日帰利用時間 夏 午後2時30分~午後10時
冬 午後2時~午後9時30分
日帰料金 350円
定休日 不定休
泉質 カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
公共交通機関 熱海バス 伊豆山中央バス停より、徒歩1分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.izusan.com/

訪問日:2015年1月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。