古道の旅「北鎌倉 幻の明月院切通し(六国見山へ続く古道)」

よもやま話

鎌倉の中でもほとんど知られていない切通しが明月院のそばにあるのをご存知でしょうか。

明月院から六国見山に向かう稜線沿いの道。風情もあり歩きやすい道で、六国見山への最短ルートでもあります。入口が分かりにくいためか情報がほとんどないのが実に惜しい。せっかくなので現地のルートガイドを作成してみました。

続きを読む→

夜に映える曳山行列「秩父夜祭」

よもやま話

秩父夜祭に行ってきました。日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つとなれば、祭り好きとしては行ってみなければ。

祭り当日は、山車の通行路にある線路の電線まで取っ払ったり、信号機の向きを移動したりと、街あげての盛り上がりです。街づくり自体が、祭りを意識して作られているところが、岸和田のだんじり祭りに通じるものがありますね。

続きを読む→

湘南海岸を赤く染める小正月の名物「大磯 左義長」

よもやま話

小正月の名物、神奈川県大磯の「左義長」を見に行ってきました。

小正月直近の日曜日開催なので、参加しやすいですね。「左義長」とは、要するにどんと焼きのことなのですが、湘南海岸にある大磯の左義長は一味違います。海岸に建てた竹やわらで編んだ円すい形のかがり火「斎灯(さいと)」に、日没後に火を放つというもの。周囲はほとんど照明がないので、海岸を点々と灯す斎灯は大変映える光景です。 

続きを読む→

だんじりを間近に見られる夜は穴場「岸和田だんじり祭り」

よもやま話

岸和田だんじり祭といえば昼間のだんじりの疾走が有名ですが、夜の祭りも穴場でおすすめです。

岸和田市の公式サイトの案内では22:00までとある祭りですが、実際には終電間際でもやっています。仕事の後でも十分寄ることができるし、人混みも少な目なので、山車のすぐ際で楽しめますよ!

続きを読む→