Home » 北関東の温泉, 栃木県

馬頭 南平台温泉「観音湯」-見晴らし良好、高台の広大露天風呂

2012/7/7

那珂川のほとり、南平台温泉ホテルに併設された日帰り専門施設「観音湯」を訪れました。

高台から那珂川や田園風景を見下ろす露天風呂は解放感たっぷり。3種類の泉質を楽しめるとあって満足度が高いです。敷地はとても広く、露天風呂を歩くだけで散歩気分に浸れるほど。

東日本大震災前の情報です。現在も営業していますが、内容は異なっています。

施設の説明

曜日や時刻により、利用できる露天風呂の種類が違います。本館と別館は離れているので、移動時には着替えないといけません。また別館は終了時間が早めになっています。

湯量豊富なため、近隣のスーパー銭湯にもタンクローリーでここの湯を輸送しています。

入浴の感想

泉質が3つあることが自慢だそうで、それぞれ楽しむことができます。浴槽は、露天風呂2、内湯2で、本館と別館にあります。


南平台温泉ホテルの日帰り施設の露天風呂より那珂川の眺め。ここまで広漠な眺めがある温泉も珍しい。

<露天風呂 美人の湯>

美人の湯では、独特の生臭さありぬるぬる感ありの湯で、表現こそ悪いですが、ぬるめで長湯しても疲れないなかなかの湯です。細かい湯の花もまっていました。

<露天風呂 塩の湯>

塩の湯露天風呂(別館)では、強い塩気のある湯を楽しむことができます。

<露天風呂 ラドンの湯>

ラドンの湯露天風呂(別館)は、ちゃんとラドンを含むということで、よくある名前だけのラドンの湯ではないようです。湯感は美人の湯と同じでした。露天風呂から那珂川が一望できる景色は広いの一言。ちょっと遠いのが難点か・・・

周辺情報

地元の人の話だと、蛍の季節、馬頭町郊外ではとても多くの蛍が舞うそうで、蛍の季節に行くのがお勧めです。

温泉施設名 南平台温泉 観音湯
住所 栃木県那須郡那珂川町小口1342
TEL 0287-92-1126
日帰利用時間 10:00~22:00
日帰料金 450
定休日 第3水曜日休業
泉質 アルカリ性単純温泉
ナトリウム-塩化物泉
公共交通機関 [バス](JRバス関東)
JR東北本線宇都宮から烏山(からすやま)行き60分、
もしくはJR烏山線終点馬頭駅から烏山行き、小口(こぐち)下車 徒歩20分。
小口バス停は、新那珂川橋の三川又信号の側。バスは、季節により時刻も本数も大きく変動します。
JR宇都宮駅から行くバスはJR氏家駅前も通るので、時間を節約したい人は氏家駅まで行って乗ると短縮できます。
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.nanpeidai-onsen.co.jp/

訪問日:2002年2月

コメントをどうぞ!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

トラックバック:こちらからアクセス
この記事のコメントのRSS: こちらからアクセス