現地で食べたクロアチア料理-翻弄の歴史が形作った料理の数々

海外の旅食べ歩き

クロアチア旅行で実際に食べた料理をご紹介。

目まぐるしく支配者が変わった経緯から、オーストリアやイタリアなど周辺各国の料理が取り込まれていったそうで、バリエーションは豊富。

長い海岸線を持つ国だけに、シーフードを食べる習慣もあります。日本人受けする味付けなので、国内でお目にかかれないのが、本当に惜しいです。

続きを読む→

ウズベキスタン最大の蚤の市 「ヤンギアバット・バザール」

海外の旅

タシケント最大の蚤の市「ヤンギ・アバット・バザール(Yangiobod Bozori)」に行ってきました。中心地からは往復で2時間近くかかりますが、他のバザールにはない闇市風味が楽しいので、時間が余っていれば行って損はありません。

この市場は、日比谷公園とほぼ同じ(500m x 300m)という広大さです。場内は入り組んでいて、すれ違うのが困難なほど人出が多いので、荷物はできるだけ持たないで行った方が良いと思われます。

続きを読む→

ボスニア・ヘルツェゴビナ自転車事情(モスタル)

海外の旅自転車

ボスニア・ヘルツェゴビナを自転車乗りの視点で見る自転車事情(モスタル)編。

バルカン半島の旧ユーゴスラビアにある、ボスニアの中心都市モスタルからお伝えします。内戦後は、町の中心部を流れるネトレヴァ川を境に民族ごとに住み分けられ、今もあまり行き来がないと聞き及びます。実際、街のカラーも川を挟んで大きく異なるのが興味深いです。

続きを読む→

ウズベキスタン サマルカンドから日帰り「シャフリサブス」

世界遺産の旅海外の旅

中央アジアのウズベキスタン、シャフリサブス(Shahrisabz)に行ってきました。

モンゴル帝国の再興を目指したチムール帝の故郷にして都だったこともある世界遺産の町です。サマルカンドからは、朝一番で行けば日帰りで戻ってこられます。往復は、断然シェアタクシーがおすすめ。バスでは通行が許されていない2000m級の峠越えからの景色は圧巻です。

続きを読む→

現地で食べたオーストリア料理-周辺諸国から集まった帝国料理

海外の旅食べ歩き

オーストリア旅行で食した料理をご紹介します。

オーストリア帝国のかつての版図の影響か、周辺各国の料理が入り込んでいて、由来を楽しむのも一興です。朝市では、農家の人たちが作った惣菜やパンなども買えるので、レストランでは出にくい家庭的な味に出会えたのも、うれしい誤算でした。移民の関係で、トルコ料理がとても多かったのも印象的です。

続きを読む→