現地で食べたチェコ料理-ビールがはかどる中欧グルメ

海外の旅食べ歩き

日本ではお目にかかる機会の少ないチェコ料理。現地で食べた料理をご紹介します。

中欧三カ国では、特にビールで有名なお土地柄。実際ビールはただの様に安いです。ユニークな料理や味付けも多くて、食べ歩きが楽しい国です。日本でもチェコ料理店が増えることを願わずにはいられません。

続きを読む→

プラハから日帰り余裕 チェコの古都「チェスキー・クルムロフ」

世界遺産の旅海外の旅

チェコの世界遺産、古都 「チェスキー・クルムロフ」へ行ってきました。

ブルダバ川の蛇行した地形を生かした街は、ミニチュアのようなかわいらしさ。プラハから日帰りで行ってこられるお手軽な場所なので、チェコ旅行で時間が余ったときにもおすすめです。バス予約や現地の見どころも紹介したいと思います。

続きを読む→

プラハ旧市街のど真ん中「リッチーズホステル」

海外の旅

チェコ共和国のプラハ旧市街の中心部にあるリッチーズホステル(Ritchie’s Hostel & Hotel)をご紹介します。

カレル橋から旧市庁舎広場に向かう目抜き通り沿いにあり、どちらからも約200mというこれ以上ない好立地。主要観光地が徒歩圏で、治安のよいエリアにあるとあって、大変便利です。周辺のレストランは観光客値段なので、割り切って使うか、離れた地元店を使いましょう。

強いて難点を挙げると、目抜き通りとはいってもクランク上に曲がりくねっていて、似た風景が続くので、宿の場所に気づきにくいです。周囲の店に気を取られて、ホステル探しで一苦労しました。一度分かってしまえば、後は困らないとは言えます。

また、ホステル内の移動は階段のみ。基本的に荷物が少ない人向けと言えます。

続きを読む→

夜行列車で行くプラハ・ウィーンの旅 (EN477 METROPOL)

海外の旅

ヨーロッパ国際夜行列車、ユーロナイト メトロポール(EN477 METROPOL)に乗って、プラハからウィーンまで利用してみました。

ドイツのベルリンを出発。チェコのプラハ経由で、オーストリアのウィーンが終着。国際列車らしく、周辺の国々から途中駅で連結されてくる車両たち、また切り離され去っていく・・・ほとんど1両ごとに行先の国が違うというのは、印象的な体験です。

この列車、定番の観光地を、安く・時間を無駄なく移動できます。プラハ出発が深夜0:01と大変遅いことが難点ですが、ぎりぎりまでチェコ国内を観光できるのが魅力です。チェスキークルムロフからプラハ ナ・クニゼツィ行きのStudent Agency最終バスに乗っても、楽々乗り換えできる点もポイント高いです。

続きを読む→

夜行列車で行くブダペスト・プラハの旅 (EN476 METROPOL)

海外の旅

ヨーロッパ国際夜行列車、ユーロナイト メトロポール(EN476 METROPOL)に乗って、ブダペストからプラハまで利用してみました。

ハンガリーのブダペストを日没ごろ20:05出発。チェコのプラハで6:23、ドイツのベルリンが終着。国際列車らしく、周辺の国々から途中駅で連結されてくる車両たち、また切り離され去っていく・・・ほとんど1両ごとに行先の国が違うというのは、印象的な体験です。

この列車、定番の観光地を、安く・時間を無駄なく移動できるので、大変便利。ブダペスト出発時間が比較的早いので、駅前の治安をさほど気にしないで済むのもポイントが高いです。

続きを読む→