シャタブディ特急で行くインド・ジャイプールの旅 (Ajmer Shatabdi Exp)

インド鉄道の昼行特急アジメール・シャターブディー・エクスプレス(Ajmer Shatabdi  Exp)に乗って、通称ピンクシティことジャイプール(Jaipur)から首都デリーまで旅してみました。

この列車のダイヤは、ジャイプル・ジャンクション駅17:50出発、ニューデリー駅22:40到着という、丸一日ジャイプールを楽しんでからデリーに帰ることができる時間帯になっています。

なお、シャタブディ急行は食事付です。

 パパールガンジに近いニューデリー駅が到着駅

列車遅れの可能性は低そうです。始発駅のアジメールは、乗車駅のジャイプールから約135kmしか離れていません。

到着駅が安宿街パパールガンジが目の前のニューデリ―駅であり、宿から遠く市内交通費がかかるデリー南部のニザムディン駅ではないのがありがたいです。

市内からジャイプール駅へ

ジャイプール・ジャンクション駅。旧市街から頻発している市バス(City coach)で駅まで来ると、10ルピー程度です。

駅の規模も控えめ。構内を長々歩く必要はありません。2等席以上の予約で利用できる上級待合室もあります。

乗る列車は、列車番号 12016 / Ajmer Shtbdi。電光掲示板にもShatabdi  Expの時刻表示あり。まずは心配していた遅れがなかったので一安心。

駅構内は食事どころ多し

駅構内には、写真のような軽食屋や、キオスク、レストランがあります。

キオスクのサモサの値段は、街の屋台より少し高めです。作り置きの販売のため、味の落ちと衛生が心配。自分は駅の外で出来立てを買いました。さらに安全を買うなら、値段は高いがレストラン利用になるでしょう。

 シャタブディ急行到着

from Ajmer to New Delhi-NDLS

定刻の到着です。今回乗るのは、冷房付座席車(AC CHAIR CAR)。

座席の上の荷物置き場は、収納力が大きくザック程度なら楽々置けます。ただしインドの方は大荷物なので、棚が埋まりがち。座席には、日本の特急列車と同じく収納式のテーブルがついてます。車内の照明は、本を読むにはちょっと暗め。

お隣さんとの交流、車窓からの風景

となり席のビジネスマンとちょっとお話をしましたが、キプロスのニコシアからいらしたとのこと。幅広いご活躍ですね。話題は他愛もないことばかりですが、こんな一合一会が楽しいのです。

街を離れると、すぐに草原地帯が広がります。 このあたりヨーロッパなどに似ていますね。いつまでも町が続くのは日本くらいのものでしょう。

線路を歩いて家路を急ぐ人々。インドを旅すると、線路は本当に恰好な歩道なんだと感じます。交通ルール無用でごった返す車に轢かれる心配もないので、むしろ安全なのではないですかね。

ウェルカムドリンクと軽食

公式サイトには提供料理の一覧があり、数量・グラムまで書いてある徹底ぶり。

この細かさの理由は、メニューが固定なのか?食事に対するこだわりから?メニューの時点でカルチャーショックです。

出発と同時に、500mlペットボトルが提供。次に、サモサ、ジュース、乾燥菓子2種が提供されます。

さすがにサモサは冷めてました。ベビースターラーメンのような菓子は、マサラの辛味が刺激的。もう一つのカップ菓子はカロリーメイトのような甘い菓子。乾きものばかりでのどが渇くので、ジュースがあるのはうれしいですね。


紅茶サービス、危険なお味は胃に直撃か!?

出発1時間後くらいに、たっぷりお湯が入ったポットとティーパックが1人1本いただけます。

乗客全員分積み込むだけでどんな重量になるんでしょうね。厨房車で沸かしているかと思うと、苦労がしのばれます。

インドの紅茶ということで期待していたのですが、1口飲んでギョ!苦いというか強烈なやばい味がします・・・お湯を見てみると黄色がかっています。いやいや、これはやばいでしょ。

夕食サービス

飛行機のようにプレート定食になっています。

写真だと印象が薄いですが、かなりのボリューム。インド鉄道の広いテーブルを埋め尽くす様だけでおなか一杯になりそうです。他の旅行者が怒涛の食事攻勢と表現するだけはありますね。

カレー2種類とチャパティ、ライス、トマトスープ、ヨーグルト。作ってから持ってきてくれるので、ほんのり暖かいです。

1等夜行で食べた夕食よりおいしいのはなぜなんでしょうね。メニューにより、当たり外れがありそうです。

トマトスープは意外にも辛さ控えめ。口が火をふくんじゃないかという不安は杞憂に終わりました。

 本日のデザートは、アイスクリーム

メニューにエクレアと書いてありましたが、甘味物という意味だったようですね。本当にエクレアが来たら、衛生面で躊躇したことでしょう。

 ニューデリー駅到着

ニューデリー駅には、1時間遅れで到着。中距離優等列車は遅れにくいと聞いていますが、この程度の遅れなら優秀ですね。

あとは宿まで帰るだけ。目の前のパパールガンジなら、奥の方の宿でも20分もかかりません。お疲れ様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。