地魚好きなら外せない、保田漁港直営「ばんや」

房総半島の内房、保田漁港直営の「ばんや」に行って来ました。

東京湾の地魚を 食べるなら、ここを外すわけにはいきません。自分としては、非常に高評価なのでありまして、この店が他の鮮魚料理店を考える上の基準になっています。高級料理店ならさらにおいしい店もたくさんあるでしょうが、スーパーに出回りにくい地魚や、現地でないと鮮度の関係で出せない料理もありますし、こういう地元の店のほうが好みです。地産地消にもなりますしね。

今のところ、地魚でほかにおすすめしたいのは、家島諸島 男鹿島の「網元 中村荘」です。こちらも当ブログで紹介しています。

男鹿島の旅行記へ移動 >

休日は劇混みのばんや食堂

以前は知る人ぞ知るだったが、今や大変な人気店に。回転率がよいので、待っている人数の割には席につくまで時間はかかりません。

ばんや方式は、都心近郊の優秀なビジネスモデルか?

ばんや方式は、都市近郊のビジネスモデルとして有用に思いますが、このタイプの店も増えてきましたね。

・高速道路で都心から近いため、潜在顧客が多い
・直営のため価格を抑えられる
・鮮度という付加価値
・地元での地産地消で、雇用UP
・広大な駐車場という利便性

保田漁港は敷地が広いので、施設の拡張余地があるのも大きいです。実際、行く度に建物が増設されてます。興味深いですが、今回の話題からはずれるので、ここまでにしておきましょう。

実際に料理を堪能してきました

ボリュームが多い「ばんや」だけに、あまり数を頼めないのが惜しい。この店は、多人数で行くべき。料理をシェアすれば、かなり品数を頼めるはず。

活ひらめ姿刺

全体的に刺身類はおすすめ。コストパフォーマンスの高い「ばんや」だが、キンメなどの高級魚だとさすがに値が張る。新鮮さとボリュームで選ぶもいい。ワカシなんかもおいしい。寿司が人気だけれど、機械でしゃりを作っているので、正直微妙。刺身が一押し。 本職でない店では、寿司は頼まないは鉄板。

メバルの塩焼き

せっかく新鮮な魚なので、塩焼きもいい。

アジのつみれ汁

アジ料理は数が多いです。数の出る地魚だしね。汁物はどれも具が多くて、 ヒコイワシの汁だと10尾以上入っているので、これだけでお腹いっぱいに。

アジのさんが焼き

これも房総料理。単純だけど、だからこそおいしい。家で作るとクサみが出るけど、ここのはあっさり。

アジのなめろう、イカ揚げ

このあたりも地元房総料理。なめろうとたたきの両方が品揃えにあるのが渋い。そのときによって、刻み方がマチマチなのが漁師料理っぽい。

宿泊施設で、お魚尽くし

泊まった人の話だと、晩も朝も刺身の船盛りが出るとのこと。これはすごい。ただ、人気でなかなか泊まれない。何度か挑戦はしているのですが、今後に期待です。

店名 漁協直営食堂 ばんや
住所 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
TEL 0470-55-4844
営業時間 9:30-19:00
定休日 年中無休
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.banya-grp.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。