Home » 和歌山県, 関西の温泉

湯の峰温泉 「民宿あずまや荘」-老舗旅館の姉妹宿

2016/12/31

湯の峰温泉の老舗旅館「旅館あずまや」の姉妹宿「民宿あずまや荘」に行ってきました。

本家の旅館と民宿では異なる源泉を使用しています。歴史ある温泉地らしい本格的な湯小屋、本家とは印象の異なる俊逸な湯など、ぜひ体験をおすすめしたい逸品です。

施設の説明

民宿あずまや荘は温泉街でも一番下流側にあります。とはいえ、温泉街自体が数百メートル程度と小さいのでバス停からも近いです。

宿泊すると、あずまや荘旅館のお風呂も利用できます。御値段も旅館よりリーズナブルなので、泊まりで使うのもおすすめです。

熊野本宮から熊野古道「大日越」を経て湯の峰温泉にたどり着けますので、古道巡りの締めに入浴してバスで本宮や新宮に戻るのがおすすめです。

入浴の感想

内湯のみ。浴室は、階段を降りた先にあります。窓の外には水車の跡。

<内湯>

石畳の床に、木材の風情の感じられる白木風の湯小屋。民宿の外観はいかにも昭和の宿といった感じですが、お風呂は堂に入った造り。このギャップがたまりません。窓ごしには、背後の森が見えるのも良い。

本施設では旅館とは異なる源泉を使用しています。木枠の湯舟に、湯の花が舞う湯。硫黄の香りが漂い、本当に素晴らしいです。若干のとろみのある湯は、いつまでも入っていたいほど。湯船の深さも絶妙で、入っていて落ち着けます。温度が高く、長湯が難しいことだけは残念。でも、薄めたりしたらもっと残念なので、これでOK。

かなり力のある湯なので、出た後はかなり湯疲れがありました。長湯したらフラフラになりそうです。温泉は劇薬でもあって、かなり薄い成分の湯でも風邪の時入るとばったり倒れますが、ここの湯に小栗判官が入ってよく耐えられたものです。

おすすめ湯の峰温泉巡り

湯の峰温泉は、場所によってお湯が違うようで、100m離れていない民宿、旅館、共同浴場で全部印象が違います。いずれも一級の湯ばかりなので、ぜひ体験してみてください。

湯の峰温泉 温泉街

河原の両岸に続く温泉宿。川岸では野菜や卵を茹でる湯井戸があり、公衆浴場の隣の売店で買って茹でられます。温泉卵は15分くらいで出来上がり。熱々で中身とろとろでおいしいです。

温泉施設名 湯の峰温泉 民宿あずまや荘
住所 和歌山県田辺市本宮町湯峯71
TEL 0735-42-0238
日帰利用時間 13:00~15:00
日帰料金 300円
定休日 年中無休
泉質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
公共交通機関 JR新宮駅より、熊野交通 熊野本宮行、湯の峰温泉下車
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト http://www.adumaya.co.jp/

訪問日:2015年5月

コメントをどうぞ!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

トラックバック:こちらからアクセス
この記事のコメントのRSS: こちらからアクセス