琵琶湖 あど川宝船温泉 「湯元ことぶき」-琵琶湖沿いの極上湯

琵琶湖畔 安曇川(あど川)の民宿の湯。なかなかどうして、本格的な温泉があるおすすめの宿です。赤茶けた鉄泉が注がれた労作の露天風呂も必見。目の前の湖水浴場の帰りに行くにも、散策のついででも立ち寄れますね。

宿で料金を払ったら、駐車場わきから裏手の風呂エリアへ移動。この路地にまず魅かれますね。共同浴場的な小路といったらいいでしょうか。

内湯

どことなく共同湯のようなたたずまいの内湯。路地のような通路を通った先にある内湯。

脱衣所を通ってすぐ浴室。源泉は温度が低いため加温しているとのこと。透明度は露天風呂より高く、鉄分の臭いも強いところを見ると、鮮度は内湯のほうが上でしょうか?鉄分の多い湯は酸化しやすいので赤くなるものですが、笹濁り程度です。除鉄しているなら、これほど金気臭はしないでしょう。

湯船の横には飲泉用のカランあり。まさか飲めるとは思っていなかったので、これは驚き。鉄湯らしい金気の味。鉄泉は貧血に効くといいますが、そりゃ鉄ですからね。癖のある味なのでたくさん飲むのは難しいです。

露天風呂

ミニ露天風呂で展望はないですが、壁を伝う観葉植物の茂り具合がいい雰囲気。広さ以上の満足感がありますね。箱庭的でとてもかわいい。周囲は住宅街でもあるので、展望ナシなのは仕方ないですが、最大限によくデザインしたものだと、関心しきりです。

赤茶けた湯は透明度が低く、本格的な湯。1人入ればいっぱいの大きさです。湯はあふれていませんが、循環なのかは不明。消毒臭も感じられず、鮮度もかなりの良さ。実質掛け流しと評価してもよさそうです。温度が高いので、あっという間にゆだってしまいます。休憩しないと長湯は難しいですが、風呂の縁石に腰かけのんびりするのも乙というもの。カランは水だけなので、体を洗うなら内湯でどうぞ。

温泉施設名 あど川宝船温泉 湯元ことぶき
住所 滋賀県高島市安曇川町下小川2248-2
TEL 0238-40-2925
日帰利用時間 午前10:00~午後3:00(受付 午後2:45まで)
午後6:30~午後9:00(受付 午後8:45まで)
日帰料金 700円
定休日 無休
泉質 単純炭酸鉄泉(緊張性低張冷鉱泉)
公共交通機関 JR湖西線近江高島駅より、徒歩35分
周辺地図 googlemap
公式サイト https://takarabuneonsen.web.fc2.com/

訪問日:2013年7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。