白山 白峰温泉「白峰総湯」-登山後にいかが、熱めのお風呂でのんびりと

白峰温泉の共同浴場「白峰総湯」に行ってきました。

白峰温泉は、白山の南部のふもとに位置する温泉街です。周囲は里山に囲まれた落ち着きある佇まいで、 国重要文化財の寺院や古民家が残ります。周囲の家並みを板張りに統一するなど、温泉街としての風景を統一する工夫を取り組んでいるようです。白峰には、白峰総湯(共同浴場)、白山天望の湯(観光スーパー銭湯)と2ヶ所の公衆浴場がありますが、今回は白峰総湯を訪ねました。

施設の紹介

「白峰総湯」は、地元の人も多く通う共同浴場です。集落の中心部に位置していますが、バス通りからは外れているので少し分かりにくいです。「総湯」とは、共同浴場のことで、石川県には桑島総湯や粟津温泉総湯など同様の施設が多数存在します。現在の源泉は約300メートル離れた大道谷川沿いにあります。

入浴の感想

<内湯 大浴場>
内湯のみ、アメニティなし(受付で購入可)近代的なコンクリート作りの浴室で、あつめの湯とぬるめの湯の二つの浴槽のほかはカランのみというシンプルなもの。子供たちがはしゃいでいたりと、共同浴場らしい雰囲気があります。

湯は透明で、においはほとんどありません。湯上りの肌が“つるつる”になると言われていますが、なるほど、入ったとたんに体がヌルすべになったので、びっくりしてしまいました。湯もカランも44度くらいと熱いです。力強い湯のため、疲れやすいですが、すばらしい湯です。


白峰温泉街の風景

白山山頂の風景
温泉施設名 白峰総湯
住所 石川県白山市白峰ロ65-2
TEL 0761-98-2839
日帰利用時間 平日15:00~20:00
土日・休日12:00~21:00
日帰料金 大人300円
小学生100円
3歳以上50円
定休日 毎週火曜日
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
(弱アルカリ性低張性温泉)
公共交通機関 北陸鉄道バス
北陸鉄道 鶴来駅より白峰口行きバス。白峰下車。臨時ダイヤ
夏の登山シーズンは、金沢駅から別当出合まで往復便が出る。白峰へ途中下車可能。
登山シーズンのうち特定の土日は、通常の最終バスの後に別当出合発鶴来行の最終バスが追加になるが、バス停に時刻が記載されていないので注意。
周辺地図 googlemap
公式サイト なし

情報は、2006年8月訪問時点のものです。
営業時刻や交通機関のダイヤは現地にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。