Home » 南関東の温泉, 神奈川県

箱根 強羅温泉「文の郷」-希少な強羅源泉の宿

2011/8/21

fumonogo

2013/3/31に施設老朽化のため、閉鎖されました。

箱根強羅温泉というと大涌谷から引き湯された乳白色の湯で有名ですが、強羅の地に直接湧き出す湯は濁り湯こそないもののとても特徴的。そんな自家源泉のある「文の郷」をご紹介します。

強羅駅から強羅公園に行く途中にある文京区の宿泊施設。もちろん、文京区外の人も利用できます。文京区民は宿泊費がお得です。

施設の説明

大涌谷の造成泉以外の温泉を提供しているところを探して見つけた宿ですが、これがすばらしかった。駅から徒歩約5分と近く、わかり易い場所にあるので、観光ついでの立ち寄りが便利ですね。建物は質素ですが、必要十分に思います。受付の人も親切でした。高止まりの強羅地区にあって、駐車場もあり比較的低価格なのもポイント高いです。

入浴の感想

大浴場は地下一階。急斜面にある宿なので実際には地下にあるわけではありませんが、非常に独特な造りの浴場です。

<内湯>

一階の脱衣所を出るといきなり階段。地下一階まで降りていきます。浴室の壁面はむき出しの岩盤で、取り囲まれた浴槽が渓谷のようです!室は広いのに、岩盤だけで三分の一を占めているとか、すばらしい。湯は無色透明ながら、鉄分の臭いの漂うキシキシ感のある力強い本格派。若干とろみもあるようです。源泉掛け流し、消毒なしというのはうれしいですね。温度が高いので疲れやすい湯とは思いますが、こういう湯は短時間でも満足できるので立ち寄り向きかもしれません。

fuminogo

fuminogo

fuminogo

温泉施設名 ふみのごう
文の郷
住所 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-61
TEL 0460-82-3513
日帰利用時間 13:00~17:00
日帰料金 500円
定休日 年中無休
泉質 ナトリウム-塩化物泉
公共交通機関 [電車]
箱根登山鉄道強羅駅下車。徒歩5分。
周辺地図
googlemap
へ移動
公式サイト http://www.fumi-no-sato.com/

訪問日:2010年6月

コメントをどうぞ!

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

トラックバック:こちらからアクセス
この記事のコメントのRSS: こちらからアクセス