伊豆大島 元町温泉「愛らんどセンター御神火の湯」―元町港近くの大規模浴場

伊豆大島の元町港に近い「愛らんどセンター御神火の湯」に行ってきました。

目の前は大海原。景色のいい時は伊豆半島が対岸に広がるのがよく見えます。港からの道も、どことなく南国風。黒砂の海浜公園で遊んで、最後の締めに入浴するも良し。夜行船で着いて、まずは疲れを取りに来るも良しです。

施設の紹介

大型船(夜行)の運航日は到着してからすぐ入浴・休憩できるという心憎いサービスがあります。帰路が船の場合、大島は出発港が2つあり、当日朝までどちらになるかわからないのですが、元町港バス停から5分程度という立地のため、ぎりぎりまで滞在しても安心という良さがあります。

元町港の観光案内所や民宿で頼むと、割引価格の入浴券を入手できますよ。

食事処や休憩所も完備されています。

現地名物ということで、大島牛乳をいただきました。

入浴の感想

内湯

この施設は内湯のみ。湯船も窓も大きいですが、海は眺められません。湯の温度は高め。海に近いだけに、塩分の濃い温泉です。温度とこの泉質もあって、結構疲れます。残念ながら塩素臭はバリバリ。公共系なので消毒なしは無理としても、もうちょっと絞ってほしいところ。

露天風呂は、元町浜の湯にどうそ

露天風呂はすぐ近くの「元町浜の湯」をご利用くださいという方針なのでしょう。そちらも立ち寄るなら、3日間利用パスポート券(元町浜の湯共通)というセット割引券がおすすめです。浜の湯は午後からなので、午前中のみの利用だと「御神火の湯」だけになるので注意。

海辺の光景


温泉からちょっと北に移動すると、民家も絶え自然美あふれる溶岩海岸に。おすすめな散策路ですが、距離があるのでレンタル自転車がおすすめ。

温泉施設名 愛らんどセンター御神火の湯
住所 東京都大島町元町字仲の原1-8
TEL 04992-2-0909
日帰利用時間 夜行船到着日 6:30~21:00

夜行船到着日以外 9:00~21:00

日帰料金 1,000円
定休日 第2木・金曜日(2・3・8月は変則)
泉質 ナトリウム・カルシウム一塩化物温泉
公共交通機関 大島バス 元町港から徒歩5分
周辺地図 googlemap
公式サイト http://www.town.oshima.tokyo.jp/highlight/gojinka.html

訪問日:2013年9月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。