湯宿温泉 「共同浴場 窪湯、竹の湯、小滝の湯」-小さな宿場ながら浴場は充実


湯宿温泉全景(新治村サイトより)

湯宿温泉は、猿ヶ京の手前に位置する旧三国街道筋の温泉です。歴史は古く、平安時代の仁寿二年二月、僧弘須法師によって発見されたと云われています。

バス通りより一歩入った温泉郷の道筋は石畳で、古民家が建ち並んでいます。おそらくは昔の街道でしょう。面影をよく残しています。民宿は低価格で、宿泊客は共同浴場を借りられます。よく静けさが保たれており、素朴で湯治向きな温泉です。この付近では猿ヶ京ばかり有名で、あまり湯宿温泉が紹介されないのは、残念でなりません。

施設の説明

集落には複数の共同浴場がありますが、観光客に公開されているのは内3箇所の窪湯、竹の湯、小滝の湯。宿泊者は、宿で鍵を借りて利用することができます。小奇麗な木造の共同浴場で、1グループで使用するには丁度良い大きさです。建物の作りはどれも似ています。夜の雰囲気もまた格別です。

入浴感想

温度・湯の鮮度ともに、宿よりも高いと感じました。時間によっては湯が非常に熱いです。小さな集落ですから、いつも貸切状態です。

追記:宿泊者に公開されている共同浴場が限定された模様。現地にて確認のこと。

窪湯 (太陽館サイトより)

竹の湯 (太陽館サイトより)

小滝の湯 (太陽館サイトより)

周辺の紹介

三国峠の散策がおすすめです。湯宿からは猿ヶ京までバスに乗り、村営バスに乗り換えて行くことができます。

余談ながら、湯宿に溢れる水は、地表に降ってから70年以上経ってから山から染み出るものだそうで、山の恵みも長年の結果の賜物と考えると、さらにありがたく感じられて来たりしますね。

温泉施設名 窪湯、竹の湯、小滝の湯
住所 群馬県利根郡みなかみ町新巻
TEL  なし
日帰利用時間 清掃時間以外
原則16:00-21:00
日帰料金 協力金
定休日 年中無休
泉質 硫酸塩泉
公共交通機関 [バス]
JR上越線 後閑駅から猿ヶ京行バス40分
湯宿温泉入口下車。徒歩0分。
周辺地図 Mapionへ移動
公式サイト  なし

2007/7加筆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。