平湯温泉「ひらゆの湯」-赤湯が特徴的な共同浴場

高山と松本の中間、北アルプスの焼岳中腹にある平湯温泉を訪れました。平湯温泉は湯量の豊富さでも知られていますが、湯質も豊富。まだまだ知らないお楽しみの場所が隠されていそうです。

施設の説明

今回紹介する施設は、平湯温泉街にある平湯バスターミナルから徒歩5分、民俗資料館付属の共同浴場です。資料館の入り口はわかりにくいですが、隣にある神社が目印。料金は、駐車場そばの料金箱に入れて、奥へ。

入浴の感想

古民家の脇に、男女別の湯小屋が1つずつ。合掌造りの古民家にも目を引かれますが、こちらも味わい深い建物です。温泉街から少し奥まったところにある分、街中の雰囲気は全くありません。森林の中の佇まい、隣に流れる小川のせせらぎとなかなかに風流な場所です。

<露天風呂>

露天風呂のみ、体洗いは禁止。脱衣所の扉をガラリと開けると、朱色にそまる湯船が目の前に。平湯というと透明な湯という印象があるのですが、ここだけ赤湯なのですね。濃厚な湯らしく、湯船は赤い漆喰状の温泉成分で固められています。金気臭も強烈。

ここの湯はかなり熱く、44度くらいありそうです、湯の性質なのか、とてものぼせやすいように感じました。隠し湯のような場所でありながら、湯船はとても広く、10人いても楽勝。しかも空いているのがうれしいところ。神の湯とも違う傾向の湯なので、時間がある方はぜひ両方入ってみてください。


平湯温泉旅館協同組合サイトより

温泉施設名 平湯民俗資料館 ひらゆの湯
住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉
TEL 0578-89-3030
日帰利用時間 (冬)8:00~17:00
(夏)6:00~20:00
日帰料金 寸志
定休日 無休
泉質 炭酸水素塩泉、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
公共交通機関 [バス]
JR高山駅より、平湯バスターミナル行き。終点下車。徒歩3分。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://hirayuonsen.or.jp/
平湯温泉旅館協同組合

訪問日:2009年10月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。