平湯温泉「神の湯」-平湯屈指の名湯といえばこちら

平湯発祥の地、「神の湯」をご紹介します。

平湯温泉街からアカンダナ駐車場方面へ旧道を2Kmくらい登った山奥にあります。本道から外れた最後の林道500mはかなりの急坂。

平湯温泉中心部は、焼岳の中腹とは思えない賑やかな場所ですが、こちらは団体客が来ないこともあり、実にひなびています。


神の湯のそばの渓流

施設の説明

温泉街とはうって変わって静かな森林地帯。

渓流沿いに、売店と露天風呂があります。料金は売店で。売店ではイワナの炭火焼きや温泉卵が売っています。渓流の音を聞きながらの食事は美味しそうです。トイレは露天前にあります。


売店兼料金所

入浴の感想

露天風呂は男女別。脱衣所は意外に広く、ゆったり着替えられます。

<露天風呂>

湯滝から湯が流れ込み、古木の枝がしなだれかかる光景は素晴らしいの一言。さりげなく岩風呂の床岩が巨大な一枚岩であるところに、先人の心意気を感じます。昔から心のよりどころであったのでしょう。

湯は薄濁りで、金気と硫黄が混じった香り。温度は高めなものの、特に湯疲れも感じないので、長湯向きと思います。

洗い場では、体洗い専用の湯だめが用意され、これも温泉。源泉掛け流しだけあり、硫黄の香りが一層強く感じられます。

洗い場があるということは体も洗えるわけですが、確認した限りでは川へ垂れ流しの様子。唯一残念なところです。

温泉施設名 かみのゆ
平湯温泉 神の湯
住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉
TEL 0578-89-3448
日帰利用時間 4月中旬~11月中旬   7:00~19:00
(土日、夏休み期時間は21:00まで)
日帰料金 500円
定休日 無休
泉質 炭酸水素塩泉
公共交通機関 「バス」
松本駅または高山駅よりバス。平湯バスターミナル下車。
平湯バスターミナルより約2km。交通機関なく徒歩のみ。
アカンダナ駐車場方面へ旧道を上り、途中の脇道へ入る。
脇道前に看板あり。坂がきついため、距離に比べ移動時間がかかることに注意。
途中の道は、歩道なく車通りも多い。
周辺地図 googlemap
公式サイト http://hirayuonsen.or.jp/
平湯温泉旅館協同組合

訪問日:2009年10月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。